Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C735] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-01-28
  • 投稿者 :
  • 編集

[C736] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-01-28
  • 投稿者 :
  • 編集

[C737] 美容室のオーナーと同じでした

帰蝶も先代ゴールを亡くして割と直ぐに次の犬(現在の子バニアグウ)をネットで探して、旦那を説き伏せて見に行き飼う(買う)事に決めました藤井さんと同じ考えて次の子をすぐにでも飼いたい気持ちがおさえられなかった。今は後悔してません。彼から教わった動物を愛すること、生き物は人間より脆いことを教わりました
今は飼って良かったと心から思っています
  • 2009-01-28
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C738] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-01-30
  • 投稿者 :
  • 編集

[C739] Kさん

Kさんのお宅のバニちゃんも虹の橋へ旅立ってしまったのですね。
でも、大変な病気を抱えながら頑張ってくれたバニちゃん……きっとKさん達と一秒でも長く一緒にいたいと頑張ってくれたのでしょうね。

多頭飼いしていると、犬も猫も種族をこえて皆ちゃんとお別れをしますよね。
我が家もそうでした。
仲の中の悪かった子同士も、あまり顔を合わせたことのない子同士でも、最後はなぜかちゃんとお別れをしにきますね。
彼らにしてみれば、お別れというよりは「なぜこいつは動かないんだろう」という好奇心かもしれません。
でも好奇心にしてはやたら神妙な面持ちをしているのを見ると、わかっているのかな……と思わずにいられません。

虹の橋へいけば沢山のお友達がいるでしょう。
今頃は皆一緒に走り回っているかも……。
こっそりお互いの飼い主の愚痴なんかいいあってたりもしてるかもですね;;
  • 2009-01-31
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C740] 帰蝶さん

かけがえのない素晴らしい時間をくれた子達を亡くすと、本当にその日からとてつもない喪失感に襲われますよね。
もしかして親が死ぬより辛いんではないかと思ってしまうくらい;
だからこそ次なんか飼えないでしょう?とおっしゃる方もいらっしゃいますし、実際飼えない方もいらっしゃいます。
でも、藤井はそんな時間をくれた素晴らしい子達に感謝しながら次の子を迎えてきました。
そして、そうやって迎えた子達はやはり又、素晴らしい時間をくれました。

別れは確かに辛いけれど、藤井は一生犬猫との生活はやめられないだろうなぁと思ってます。
  • 2009-01-31
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C741] Jさん

そうなんですよね……どうしてもどうしてもいなくてはならない存在なんですよね(しみじみ)

我が家もエジソンといつまで一緒にいられるかわからないけれど、一秒でも長く一緒にいられたら、これほど幸せな事はないと思ってます。

我が家はニュートンから始まったバニ3代との生活がもう10年以上続いています。
ニュートン、エジソン、ダーウィン……それぞれとの思い出が一杯です。
3匹がバーニーズという犬種の素晴らしさを沢山教えてくれました。
そう思うと、やはり次もバニ!と思うのですが、反面、少しの間バニから離れてみようかなとも思ったりします。
万一エジソンを亡くしたら、一気にがっくりきちゃうような気がしてるのですよね;;
そうなったら気分転換(??というのも変ですが;;)もかねて一度他犬種を……とも思ったり。
バニは歳をとっても飼える犬種ですし(笑)
歳をとってからでは無理そうな犬種はどうだろう……(悩)

こんな事考えてるとエジソンがじっとりした目でこちらを見てますけど;;
  • 2009-01-31
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/199-8db5da9a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 寂しくなってしまうな  

今日、美容室へいったハルママが寂しいお話を持って帰りました。

その美容室にはとっても大きなアラスカン・マラミュートの男の子がいたのですが、その子が3日前に虹の橋を渡ってしまったのだそうです。

とにかくでっかい子で、それなのに美容室の中を自由に闊歩しているというので、ちょっと話題の子でした。
犬好きなハルママも最初に美容室で会ったときは、あまりの大きさにギョッとしたくらいだそうで。
そんな存在感のある子が突然旅立ってしまったら……。
美容室のオーナーさんとハルママは昔からの友人だったのですが、お店を訪ねたところ涙ながらにお話をしてくださったそう。

なんでも一週間前にいきなり食事もしない水も飲まない状態になり、病院へいくと肝臓だかすい臓だか……とにかく内蔵が悪かったそうです。
その時点で獣医さんにはもう手の施しようがないと言われ、数日入院したものの結局帰されてしまったんだそうです。

そして、帰宅後。
虫の知らせだったのか、遠方に住んでいた娘さん一家がたまたま帰省し、娘さん一家に会ったすぐ後旅立ったそうです。
きっと家族皆にお別れが言いたかったんだろうなぁ……というオーナーさんの呟きにハルママも号泣。
そして、自宅でその話を聞いた藤井も思わずホロリ。
11歳になったばかりの子でした。

その年齢をきくとついついエジソンとかぶってしまって、思わずエジソンに
「エジ君はもうちょっと頑張ろうね。一日でも一秒でも長く一緒にいようね」
とお願いしてしまいました。

そのオーナーさんはすでに次に迎える子を決めて予約中(コッカースパニエルだそう)
たった3日で??薄情なんじゃない?と思われるだろうけど……と言ってたそうですが、藤井はそうは思わないなぁ。
旅立ってしまったその子が楽しい時間を沢山くれたからこそ、そのこがいなくなったあと「犬のいない時間」や「犬のいない空間」がたえられないんじゃないかなぁ。
少なくとも藤井はそうなんですよね。
なので、きっとエジソンに万一の事があったら、藤井はもうすぐにでも次の子を探し始めると思います。
次もバニを……と思ってはいるけれど、もしかするとあえてバニはさけるかもしれないなぁ。
3代続いたバニとの生活が思い出深ければ深いほど、少しバニから距離をおきたい気もします。
でもなぁ……子バニなんか見ちゃった日には、速攻連れ帰りそうな気もする(笑)

なんにしても、この数年お友達バニやお友達ワンコを見送ることが多くて本当に寂しいです。
エジソンと同じ年代のお友達はもう殆どいません(涙)
ここ数年は外へ連れて行くこともどんどん減って、新しいワンコ友達もなく……それもなんだか寂しいです。
雀女は外では可哀想なくらいおびえるし;;
お友達を作るのはなかなか難しいですしね……。

CIMG4613.jpg
CIMG4615.jpg CIMG4621.jpg CIMG4622.jpg CIMG4627.jpg
BeastProtectionArea BPA通販部 
BeastProtectionArea BPA通販部
【くるくるのしっぽ1巻・2巻】【バニステッカー】販売中。
ペット肖像画承りますv通販部カート内『肖像画権利』を購入していただきますと、折り返し肖像画専用ページのURLをお知らせいたします。



banner2.gifグッズ作りをしたいのだけど、何がいいかなぁ~(悩)





スポンサーサイト

7件のコメント

[C735] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-01-28
  • 投稿者 :
  • 編集

[C736] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-01-28
  • 投稿者 :
  • 編集

[C737] 美容室のオーナーと同じでした

帰蝶も先代ゴールを亡くして割と直ぐに次の犬(現在の子バニアグウ)をネットで探して、旦那を説き伏せて見に行き飼う(買う)事に決めました藤井さんと同じ考えて次の子をすぐにでも飼いたい気持ちがおさえられなかった。今は後悔してません。彼から教わった動物を愛すること、生き物は人間より脆いことを教わりました
今は飼って良かったと心から思っています
  • 2009-01-28
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C738] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-01-30
  • 投稿者 :
  • 編集

[C739] Kさん

Kさんのお宅のバニちゃんも虹の橋へ旅立ってしまったのですね。
でも、大変な病気を抱えながら頑張ってくれたバニちゃん……きっとKさん達と一秒でも長く一緒にいたいと頑張ってくれたのでしょうね。

多頭飼いしていると、犬も猫も種族をこえて皆ちゃんとお別れをしますよね。
我が家もそうでした。
仲の中の悪かった子同士も、あまり顔を合わせたことのない子同士でも、最後はなぜかちゃんとお別れをしにきますね。
彼らにしてみれば、お別れというよりは「なぜこいつは動かないんだろう」という好奇心かもしれません。
でも好奇心にしてはやたら神妙な面持ちをしているのを見ると、わかっているのかな……と思わずにいられません。

虹の橋へいけば沢山のお友達がいるでしょう。
今頃は皆一緒に走り回っているかも……。
こっそりお互いの飼い主の愚痴なんかいいあってたりもしてるかもですね;;
  • 2009-01-31
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C740] 帰蝶さん

かけがえのない素晴らしい時間をくれた子達を亡くすと、本当にその日からとてつもない喪失感に襲われますよね。
もしかして親が死ぬより辛いんではないかと思ってしまうくらい;
だからこそ次なんか飼えないでしょう?とおっしゃる方もいらっしゃいますし、実際飼えない方もいらっしゃいます。
でも、藤井はそんな時間をくれた素晴らしい子達に感謝しながら次の子を迎えてきました。
そして、そうやって迎えた子達はやはり又、素晴らしい時間をくれました。

別れは確かに辛いけれど、藤井は一生犬猫との生活はやめられないだろうなぁと思ってます。
  • 2009-01-31
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C741] Jさん

そうなんですよね……どうしてもどうしてもいなくてはならない存在なんですよね(しみじみ)

我が家もエジソンといつまで一緒にいられるかわからないけれど、一秒でも長く一緒にいられたら、これほど幸せな事はないと思ってます。

我が家はニュートンから始まったバニ3代との生活がもう10年以上続いています。
ニュートン、エジソン、ダーウィン……それぞれとの思い出が一杯です。
3匹がバーニーズという犬種の素晴らしさを沢山教えてくれました。
そう思うと、やはり次もバニ!と思うのですが、反面、少しの間バニから離れてみようかなとも思ったりします。
万一エジソンを亡くしたら、一気にがっくりきちゃうような気がしてるのですよね;;
そうなったら気分転換(??というのも変ですが;;)もかねて一度他犬種を……とも思ったり。
バニは歳をとっても飼える犬種ですし(笑)
歳をとってからでは無理そうな犬種はどうだろう……(悩)

こんな事考えてるとエジソンがじっとりした目でこちらを見てますけど;;
  • 2009-01-31
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/199-8db5da9a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。