Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C772] 酷いペットショップですね

可愛い盛りだからと言って早くにブリーダーから引き取るのでしょうが、ブリーダーもなぜそんなに早く母犬と子犬を引き離すんでしょうかね。歯を剥き出す犬になるのは当たり前ですね。悲しい思いと次に会ったら叩いてはいけないことを教わっていれば姪っ子さんは優しい人間になれますよ
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C773]

そうなんです! そうなんですーっ!
この時期は里親募集が増えるんです。 私も去年の今頃同じ事を思い記事にしました。

あと、ペットショップのバカ親子いますよね~。
以前、子犬ケースを尋常じゃないほどバンバン叩くバカタレがいたので
怒ったら・・・ 泣かれました。
もちろん、「勝手に泣いてろ!」ですけどね(* ̄^ ̄*)フン!
親は近くにいなかったけど、ショップの人も他の大人もいたのに・・・。 
てか、そもそも親はどこじゃい!なんですけど。

今度は絵本なんですね。 楽しみ~♪ 
あ・・・でも悲しいお話だったら読めないかもです。 なんせ心臓がギューってなっちゃうので・・・。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : gengen2号
  • URL
  • 編集

[C774] ごもっとも

私はペットショップでの生体販売は基本的に反対派。

動愛法の動物取り扱い業登録の条件は、もっともっと厳しくて良いと思いますし、また項目ももっと細かく分けるべきだと思っています。
でなきゃ乱繁殖や悪徳販売は一向に減らないですよね。

更に言うなら、飼う側にも資格や条件が必要。
日本人は流行りや憧れだけで安易に動物を迎える人が多すぎます。

結果捨てられ、殺される動物の多いこと。

レスキュー団体も、信用できる所ってあるようで実はなかなか無いんですよね。

収支報告がおざなりだったり、まとまりが無く話が二転三転当たり前だったり…だから私も現在は個人的なレスキュー活動しかしていません。

…納得できて信用できる団体探し…これもまた色々と大変ですよね

[C775]

是非読ませて下さいね。俺、又泣いちゃいそうですが・・・
犬を飼うという意味をもっと真剣に考えてから実行して欲しいですね。アメリカでは殆どが里親での引取りのため、処分される犬の数は日本よりはるかに少ないと聞きました。
自分が一生育てる自身があるか、又もし自分が飼えない状況に陥った時のことも考えておく必要がありますよね。年齢を考えると何歳までしか飼えるだろうか・・・とかいろいろ考えてしまいます。
犬の為に、住まいを移ったり、場合によっては仕事も変える覚悟がいるんですよね。
人間の子供なら自立をして行きますが、ペットは最後を看取るまでが飼主の責任ですからね。

[C776]

絵本、いいですね。ぜーーーったい泣きますけど、私・・・10歳になる息子も、ぜーーーったいに泣きますけどね・・・でも教えなきゃならない大切なことだと思うんです。

悪徳犬舎や、どうしようもない飼い主は、世界中どこにでも居ますね。動物を家族ではなく、持ち物と勘違いしている人もたくさんいると思います。私は一度飼ったら最後まで面倒見るつもりで飼わなきゃだめだと思います。もちろんいろいろ例外もあるでしょうが・・・だめだったらじゃあ他に、なんて考えないで飼って欲しいですね。

ジュディも今一生懸命改めてしつけ中ですが、それも飼い主の仕事ですよね。大変なことにならないように、飼い主にとっても周りにとってもしつけることは犬の幸せになりますよね。

犬と育ってきた私にとって、ペットを家族として考えられない人というのはまったく信じられません。

そういう人たちが少しでも少なくなって欲しいですね。いい寄付団体が見つかるといいですね・・・盲導犬とかそういうのじゃなくて、きちんとしたレスキュー団体・・・

またぜひ詳細聞かせてください。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : ZAKI
  • URL
  • 編集

[C777] 帰蝶さん

最近はそんなに早くにショップに子犬を出す店も減っていたように感じていたのですが、やはりまだまだこういう店の方が多いようですね。
昔に比べればマシになったのかもしれませんが……。
今まで色んなブリーダーさんをみてきましたが、犬の事を本当に考えて繁殖されているブリーダーさんは本当に一握りのような気がします。
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C778] gengen2号さん

ですよねぇ。
なぜ、飼う時に考えないのでしょうね……転勤の可能性がある職業の人はわかるでしょうに。
万一、急な事でどうしても手放さなければならなくなった場合があったとしても、そういう時にどうするかというのは、事前に考えておくべきではないかと思います。
藤井も、自分に万一の事があったら「こうしてこうしてこうしてね!!」と色々な事を信用のおける有人にお願いしてまわってます;

ショップに子供連れで来る方の中には、お金をかけずに遊べる場所という認識をされてる方も多いようです。
最近のショップは店内で子犬を離していたり、ケージ内ではあるけれど自由に触れたりするところおおいですからね;;
それも怖いことですよね。一ヶ月くらいの子犬に、何を触ったかわからない人間が自由に触れるなんて。
いつどんな病気になってもおかしくないです。

絵本は、そうですねぇ……人から見れば確実にアンハッピーなお話ですが、主人公のワンちゃんにしてみれば……といった感じのお話になってます;
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C779] yaraさん

藤井も断然反対派です!
そして、 動愛法の動物取り扱い業登録に関しても同感です。
どうみたって「この人は動物を扱っていい人じゃない!」という人でも、取得できて登録できるってのは意味がありません。
立ち入りに関しても事前に通告してからいったって意味がない。
やるなら抜き打ちでやらないと、悪徳なブリーダーなら事前に都合の悪い事は隠してしまうだけ

あと、そうですねぇ。
買う側にもなにかしら資格のようなものが必要じゃないかなと思ってます。
飼育環境などにも条件をつけるとか。
海外ではそういう事が当たり前になってるところもありますよね。
犬を飼うなら庭があってノーリードで飼わないといけないところとか。
なんでもかんでも海外を真似ろとはいわないけれど、日本はとにかく遅れすぎている気がしますねペット業界に関しては。
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C780] レックスパパさん

我が家も藤井に何かあったときには、家族にも色々頼んでいます。
が、家族ではイマイチ不安が残る部分もあったりするので、友人にも我が家の子達のことは頼んでます。
もし、新しい飼い主さんを探さないといけない場合は、うちの家族では不安が残るんですよね;;
「可愛がるから~」という一言をあっさり信用して、どこの誰ともつかない人に簡単に渡してしまいそうで;
なので、友人が新しい飼い主さんと直接会って、話をして、それで『この人なら!」と思った人だけにして下さい!!なんて頼んだりしてるのですけども。

自分がいくつくらいまで犬を飼ってられるかとか、最近よく考えます。
エジソンに万一の事があったら、次はちょっとシェパードにしてみようかな……なんて思うのも実はそこからきてたり。
以前飼ってたシェパードを不本意な形で亡くしてるので、どうしてももう一度飼ってみたいのですが……シェパードの運動量などを考えると、恐らく飼えるのは次がラストチャンス;
バニは子犬時代を乗り越えれば後は本当に穏やかで手がかからないので、シェパの後にもう一度飼うチャンスはあるかもとか。
何だか、そういうことを考えます。
小型犬なら、歳をとっても飼えますが大型はそう安易にはいかないから、考えちゃいます。
我が家に迎えるからには、最後の最後まで幸せでいて欲しいですからねぇ……。

ま、エジソンはまだまだ元気でいるので、まだまだ先の話なんですけども(笑)

  • 2009-02-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C781] ZAKIさん

絵本、アンハッピーなお話になってしまうと思うのですが、そこから何か感じてもらえたら本当に嬉しい事だなと思ってます。
そのためにも、頑張っていいものにしなければ!頑張ります!

藤井の住んでいるところは田舎で、犬は番犬であってペットではないという人も沢山います。
中には雨漏りしていて、強風がふけばガタガタいって飛んでいきそうな犬小屋に、ダニをくっつけた汚れ切った犬もいます。

でも、その子はとっても幸せそうな顔をしているんです。
飼い主さんがくると千切れそうに尻尾をふって出迎えます。
飼い主さんも「こいつはただの番犬だから」とか「馬鹿犬で困る」なんていってますが、その子を撫でる手は荒っぽいながらも愛情に満ちているし、実際大雨なんかがふると、家の中へ犬を入れてやり一緒に寝たりしてたり……。

一方。
室内で猫っかわいがりされているワンちゃんもいます。
ご飯は高級肉で、冷暖房完備。
いつだって美味しいオヤツが用意されていて、寝てる布団は羽毛布団。
飼い主さんはもうその子が可愛くて可愛くてしかなたがないといいます。

でも。
そのワンちゃんには覇気がありません。
飼い主さんに抱っこされて大事にされているけれど、尻尾の一つも振りません。
他のワンちゃんと遊びたそうにしていても、飼い主さんが「怪我をすると大変だから」と遊ばせません。

一体どっちが幸せなのか。
それはワンちゃんに聞いてみないとわからないけれど、藤井の一方的な見方でみれば、断然前者です;;
犬の可愛がり方育て方、接し方は人それぞれ。
愛情表現もそれぞれ。
何がいいとか悪いとか一言でいえるものではないけれど、どんな形でもいいからどんな子にも幸せになって欲しいなと、しみじみ思います。
  • 2009-02-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/207-b3c6aad0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 絵本を作ってみようかな  

唐突ですが、ちょっと企画中です。
ずっと以前に一度作りかけてそのままになっていた絵本。
当時作ったはずの原稿はどこへいったのやら;;
なので、少しずつ思い出しながら物語の方は作ってみました。

もしかすると子供には少し難しいかなぁ;
小学生低学年くらいなら何とかわかってもらえるかなぁ、といった感じの内容です。
主人公は勿論わんちゃんです。

ストーリーとしては、最初に思いついたときから描きたかったテーマのまま。

「人を一生をかけて愛する犬と、そんな犬を裏切ってしまう悲しい人間」

テーマも内容も少々重いのです。
なので小さな子供さんには少しわかりづらいかと思うのです。


この時期になると、転勤などで引越しをする方が多いせいか、捨て犬が一気に増えます。
処分をするために、まるで粗大ゴミのように犬を持ち込む人もいます。
流行がさったからといってアクセサリーを捨てるように犬を捨てる人……。
飼い主から持ち込まれる子達は、きっと子犬の頃はそれはそれは可愛がられていた事でしょう。

先日某ペットショップへ姪っ子宅の愛兎:マカロンのご飯を買いにいきました。
そこには可愛い盛りの子犬が沢山。
でも、誕生日を見て愕然。
大型犬も小型犬も生後一ヶ月。
どう考えても無理に離乳して引き離した月齢です。
そんな時期に離乳させて、あんな狭い箱の中へ閉じ込められて、犬の社会性なんか育つわけがありません。
おまけに、子供の手の届く場所にあるアクリルボックスの中にいる子は、姪っ子達がそっと座って中を覗いただけで歯をむき出し、アクリル板へ体当たりして威嚇するんです。
明らかに子供に嫌な思いをさせられているのでしょう。
そんな位置に置けば、子供はアクリル板を叩きます(勿論良識のある親御さんが子供にきちんと『叩いてはいけない。驚かせてはいけない」と教えていればそんな事はしないと思いますが、残念ながらその時きていた親子連れの殆どが子供は放置。何をしていても知らん顔)
そんな事をすれば子犬が怯えるのは当然です。
姪っ子達はそんな風に威嚇する犬を初めて見ました。
姪っ子達が接してきた犬は我が家の犬ばかり。
犬がそんな風に威嚇する動物だという事は、姪っ子達には驚きだった事と思います。
ある意味では姪っ子達にもいい勉強になったとは思いますが、悲しい勉強ですよね。

姪っ子達が「なんであの犬はあんなに怒ってるん?」と聞くので、店員や他の子供の親がそこにいましたが、姪っ子ママと二人で
「あんた達もおかぁさんに会えなくなって、ここに閉じ込められて、皆にあぁやって驚かされたら怖いやろ?こういう事は絶対したらいかん。わんちゃんが怒るのは当たり前。悪いのは人間やけんね」
と大声で説明してかえりました。
店員はすごい目で睨んでましたが、流石に子供の親御さんは子供を注意していました。
ていうか、そういう事は店員が注意しろやと……。

とにかく、この数日売れ残ってしまった子を見てしまったり、様々な事情で里親募集されている子をみたり、野良ちゃんをみかけたりと続いたので、絵本の事を思い出したようなしだいです。
本文は出来てるので、これからちょっとイラストをつけていきたいなぁと思ってます。

出来あがったら通販部で販売したいと思います。
売り上げの一部を出来ればどこかへ寄付したいのですが……今の世の中、不幸な子達を利用した詐欺などもあるようですし、ちょっと悩むところです。
ずっと以前、一度ステッカーを販売しその売り上げの一部を地元の愛護団体と盲導犬協会へ寄付した事もありましたが……うーーん、どこか、ここなら!という団体さんないですかねぇ;
ちょっとスタッフさんと探してみようかなぁ。

なんにしても、絵本製作頑張ってみます(拳)
スタッフさん、そういう事なので又相談のってください(願)

BeastProtectionArea BPA通販部 
BeastProtectionArea BPA通販部
【くるくるのしっぽ1巻・2巻】【バニステッカー】販売中。
ペット肖像画承りますv通販部カート内『肖像画権利』を購入していただきますと、折り返し肖像画専用ページのURLをお知らせいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ


banner2.gif週末はエジソンと雀女、そしてモーゼがトリミングへいきます!モーゼは初のトリミング。ずっと家でシャンプーしてきたので、ちょっと心配なんですが、最近毛がもふもふしてきたせいか、毛玉が出来てしまって(涙)ここはプロにお願いして綺麗にしてもらおうと思います。シャンプー自体は嫌がらないし、初対面の人でも平気のへっちゃらな子なので、多分大丈夫と思うのですが;;(なんせ入院した時にだって、入院室の隣のにゃんこに遊ぼうよ~とちょっかい出してたそうなので)
スポンサーサイト

10件のコメント

[C772] 酷いペットショップですね

可愛い盛りだからと言って早くにブリーダーから引き取るのでしょうが、ブリーダーもなぜそんなに早く母犬と子犬を引き離すんでしょうかね。歯を剥き出す犬になるのは当たり前ですね。悲しい思いと次に会ったら叩いてはいけないことを教わっていれば姪っ子さんは優しい人間になれますよ
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C773]

そうなんです! そうなんですーっ!
この時期は里親募集が増えるんです。 私も去年の今頃同じ事を思い記事にしました。

あと、ペットショップのバカ親子いますよね~。
以前、子犬ケースを尋常じゃないほどバンバン叩くバカタレがいたので
怒ったら・・・ 泣かれました。
もちろん、「勝手に泣いてろ!」ですけどね(* ̄^ ̄*)フン!
親は近くにいなかったけど、ショップの人も他の大人もいたのに・・・。 
てか、そもそも親はどこじゃい!なんですけど。

今度は絵本なんですね。 楽しみ~♪ 
あ・・・でも悲しいお話だったら読めないかもです。 なんせ心臓がギューってなっちゃうので・・・。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : gengen2号
  • URL
  • 編集

[C774] ごもっとも

私はペットショップでの生体販売は基本的に反対派。

動愛法の動物取り扱い業登録の条件は、もっともっと厳しくて良いと思いますし、また項目ももっと細かく分けるべきだと思っています。
でなきゃ乱繁殖や悪徳販売は一向に減らないですよね。

更に言うなら、飼う側にも資格や条件が必要。
日本人は流行りや憧れだけで安易に動物を迎える人が多すぎます。

結果捨てられ、殺される動物の多いこと。

レスキュー団体も、信用できる所ってあるようで実はなかなか無いんですよね。

収支報告がおざなりだったり、まとまりが無く話が二転三転当たり前だったり…だから私も現在は個人的なレスキュー活動しかしていません。

…納得できて信用できる団体探し…これもまた色々と大変ですよね

[C775]

是非読ませて下さいね。俺、又泣いちゃいそうですが・・・
犬を飼うという意味をもっと真剣に考えてから実行して欲しいですね。アメリカでは殆どが里親での引取りのため、処分される犬の数は日本よりはるかに少ないと聞きました。
自分が一生育てる自身があるか、又もし自分が飼えない状況に陥った時のことも考えておく必要がありますよね。年齢を考えると何歳までしか飼えるだろうか・・・とかいろいろ考えてしまいます。
犬の為に、住まいを移ったり、場合によっては仕事も変える覚悟がいるんですよね。
人間の子供なら自立をして行きますが、ペットは最後を看取るまでが飼主の責任ですからね。

[C776]

絵本、いいですね。ぜーーーったい泣きますけど、私・・・10歳になる息子も、ぜーーーったいに泣きますけどね・・・でも教えなきゃならない大切なことだと思うんです。

悪徳犬舎や、どうしようもない飼い主は、世界中どこにでも居ますね。動物を家族ではなく、持ち物と勘違いしている人もたくさんいると思います。私は一度飼ったら最後まで面倒見るつもりで飼わなきゃだめだと思います。もちろんいろいろ例外もあるでしょうが・・・だめだったらじゃあ他に、なんて考えないで飼って欲しいですね。

ジュディも今一生懸命改めてしつけ中ですが、それも飼い主の仕事ですよね。大変なことにならないように、飼い主にとっても周りにとってもしつけることは犬の幸せになりますよね。

犬と育ってきた私にとって、ペットを家族として考えられない人というのはまったく信じられません。

そういう人たちが少しでも少なくなって欲しいですね。いい寄付団体が見つかるといいですね・・・盲導犬とかそういうのじゃなくて、きちんとしたレスキュー団体・・・

またぜひ詳細聞かせてください。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : ZAKI
  • URL
  • 編集

[C777] 帰蝶さん

最近はそんなに早くにショップに子犬を出す店も減っていたように感じていたのですが、やはりまだまだこういう店の方が多いようですね。
昔に比べればマシになったのかもしれませんが……。
今まで色んなブリーダーさんをみてきましたが、犬の事を本当に考えて繁殖されているブリーダーさんは本当に一握りのような気がします。
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C778] gengen2号さん

ですよねぇ。
なぜ、飼う時に考えないのでしょうね……転勤の可能性がある職業の人はわかるでしょうに。
万一、急な事でどうしても手放さなければならなくなった場合があったとしても、そういう時にどうするかというのは、事前に考えておくべきではないかと思います。
藤井も、自分に万一の事があったら「こうしてこうしてこうしてね!!」と色々な事を信用のおける有人にお願いしてまわってます;

ショップに子供連れで来る方の中には、お金をかけずに遊べる場所という認識をされてる方も多いようです。
最近のショップは店内で子犬を離していたり、ケージ内ではあるけれど自由に触れたりするところおおいですからね;;
それも怖いことですよね。一ヶ月くらいの子犬に、何を触ったかわからない人間が自由に触れるなんて。
いつどんな病気になってもおかしくないです。

絵本は、そうですねぇ……人から見れば確実にアンハッピーなお話ですが、主人公のワンちゃんにしてみれば……といった感じのお話になってます;
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C779] yaraさん

藤井も断然反対派です!
そして、 動愛法の動物取り扱い業登録に関しても同感です。
どうみたって「この人は動物を扱っていい人じゃない!」という人でも、取得できて登録できるってのは意味がありません。
立ち入りに関しても事前に通告してからいったって意味がない。
やるなら抜き打ちでやらないと、悪徳なブリーダーなら事前に都合の悪い事は隠してしまうだけ

あと、そうですねぇ。
買う側にもなにかしら資格のようなものが必要じゃないかなと思ってます。
飼育環境などにも条件をつけるとか。
海外ではそういう事が当たり前になってるところもありますよね。
犬を飼うなら庭があってノーリードで飼わないといけないところとか。
なんでもかんでも海外を真似ろとはいわないけれど、日本はとにかく遅れすぎている気がしますねペット業界に関しては。
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C780] レックスパパさん

我が家も藤井に何かあったときには、家族にも色々頼んでいます。
が、家族ではイマイチ不安が残る部分もあったりするので、友人にも我が家の子達のことは頼んでます。
もし、新しい飼い主さんを探さないといけない場合は、うちの家族では不安が残るんですよね;;
「可愛がるから~」という一言をあっさり信用して、どこの誰ともつかない人に簡単に渡してしまいそうで;
なので、友人が新しい飼い主さんと直接会って、話をして、それで『この人なら!」と思った人だけにして下さい!!なんて頼んだりしてるのですけども。

自分がいくつくらいまで犬を飼ってられるかとか、最近よく考えます。
エジソンに万一の事があったら、次はちょっとシェパードにしてみようかな……なんて思うのも実はそこからきてたり。
以前飼ってたシェパードを不本意な形で亡くしてるので、どうしてももう一度飼ってみたいのですが……シェパードの運動量などを考えると、恐らく飼えるのは次がラストチャンス;
バニは子犬時代を乗り越えれば後は本当に穏やかで手がかからないので、シェパの後にもう一度飼うチャンスはあるかもとか。
何だか、そういうことを考えます。
小型犬なら、歳をとっても飼えますが大型はそう安易にはいかないから、考えちゃいます。
我が家に迎えるからには、最後の最後まで幸せでいて欲しいですからねぇ……。

ま、エジソンはまだまだ元気でいるので、まだまだ先の話なんですけども(笑)

  • 2009-02-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C781] ZAKIさん

絵本、アンハッピーなお話になってしまうと思うのですが、そこから何か感じてもらえたら本当に嬉しい事だなと思ってます。
そのためにも、頑張っていいものにしなければ!頑張ります!

藤井の住んでいるところは田舎で、犬は番犬であってペットではないという人も沢山います。
中には雨漏りしていて、強風がふけばガタガタいって飛んでいきそうな犬小屋に、ダニをくっつけた汚れ切った犬もいます。

でも、その子はとっても幸せそうな顔をしているんです。
飼い主さんがくると千切れそうに尻尾をふって出迎えます。
飼い主さんも「こいつはただの番犬だから」とか「馬鹿犬で困る」なんていってますが、その子を撫でる手は荒っぽいながらも愛情に満ちているし、実際大雨なんかがふると、家の中へ犬を入れてやり一緒に寝たりしてたり……。

一方。
室内で猫っかわいがりされているワンちゃんもいます。
ご飯は高級肉で、冷暖房完備。
いつだって美味しいオヤツが用意されていて、寝てる布団は羽毛布団。
飼い主さんはもうその子が可愛くて可愛くてしかなたがないといいます。

でも。
そのワンちゃんには覇気がありません。
飼い主さんに抱っこされて大事にされているけれど、尻尾の一つも振りません。
他のワンちゃんと遊びたそうにしていても、飼い主さんが「怪我をすると大変だから」と遊ばせません。

一体どっちが幸せなのか。
それはワンちゃんに聞いてみないとわからないけれど、藤井の一方的な見方でみれば、断然前者です;;
犬の可愛がり方育て方、接し方は人それぞれ。
愛情表現もそれぞれ。
何がいいとか悪いとか一言でいえるものではないけれど、どんな形でもいいからどんな子にも幸せになって欲しいなと、しみじみ思います。
  • 2009-02-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/207-b3c6aad0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。