Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1864] 人間という生き物

小さな命一つ守ってやれない人間に、感情というものはあるのだろうか?
心が痛む事はないのだろうか?
そんな人間に子供がいたら、その子供はどんな
大人に成長するのだろうか?
小さな命から学ぶ事 いっぱいあるのに・・・
なんで人間はそうも残酷になれるのであろうか?
小さな命が頼れるには、その人間しかいないのに。
人間にもしも災難がふりかかろうとしたなら、その
小さな命は全身で人間を守ろうとするのに。
人間なんて小さな命以上に、ちっぽけな生き物だ。
深く考えてほしい。責任という言葉。重く受け止めてほしい。責任を果たすという事。
小さな命を飼う前に、自分に問いかけてほしい。
自分は命を守ってやれる人間なのか。
責任をまっとうできる人間なのか。
小さな命を軽んじる事が、どれほど罪深い事なのか、それがわからない人間は、この世で一番不幸な生き物だ。
私はそういう人間にはなりたくない。
生きている価値がなくなるから。

[C1865] 最後まで観てしまいました

殺処分の時は傍らに我が家のやんちゃ小僧がいたので抱き締めました。いつも冗談で口にする保健所の恐さを見て泣きました。
安楽死させたいが為に保健所は絶対良くないですね。ショップの売れ残りより飼い主による保健所行きが多い現実に唖然でした。
家の方にも殆どほったらかしの犬がいました。飼い主がお前なんか引き取りたくなかったんだよ。と云いながら餌をやっていました。目は完全に死に中型犬にしては小さくていつも丸くなっていました。今はもういませんけど…ちゃんと看てもらえたのかな?
ちゃんとペットの現状が知れた番組であったなと思いました
  • 2010-01-22
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C1867] andyさん

本当にその通りですね。

以前やはりこのような番組がありましたが、その時に保健所へ子猫を持ちこみに来た家族は恐ろしい人達でした。

まだ小さな子猫を連れてきた親は、所員の方に「なぜ持ちこまれるのですか?思いとどまれませんか?」と問われ
「家族で旅行に行くので面倒を見られないから」と答えました。
更に所員の方が説得しても
「子供たちに、旅行と猫とどっちがいいんだと聞いたら、子供も旅行がいいといった。だから思いなおすつもりはない」
という父親。
子供は泣いたという母親。
でもその母親からその後に出た言葉は
「子供たちにもいい経験になった。又猫を飼いたいと思います」

絶対飼わないで。

TVに向かって怒鳴りたくなりました。
猫と旅行を選択させる親も親。最低です。
でも、そこで泣きながらでも旅行と答える子供も行く末が不安です。
事の善し悪しがわかっていない年齢なのか……とも思いましたけど、画像でモザイク入りで写った子供はどうみても小学生。
その歳で「命」と「旅行」を天秤にかけて「命」を選べない子供はこの後どんな大人になるのか……。
泣いたという事はその猫がこの先どうなるのか、わかっているという事。
それでも「旅行」なのか……、本当に愕然とする映像でした。
  • 2010-01-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C1870] 帰蝶さん

ああいう番組を子供に悪影響を与えると、TV局に沢山クレームがくるそうですが
果たしてそうなのでしょうか。
あれを見て
「恐ろしい」「残酷だ」「可哀相」
と感じる事が悪影響なのか。
それはとてもまともな事だと思うのですが。

うちの姪っ子には常々
動物は大事にするように。
ペットとして飼った子はあなた達がいないと生きていけない命。
あなた達がお腹がすくのと同じように、動物もお腹がすく。
あなた達と同じように、狭い場所に閉じ込められば外へ出たい、遊びたいと思うんだよ。
と教えています。

子供がわからないなら周りの大人が教えるべきなんです。
そして、可能ならば動物とできるだけ沢山触れ合って欲しいです(姪っ子二女は重度のアレルギーで直に動物に触れませんが、それでも我が家も窓越しに猫や犬と触れ合ってます)
  • 2010-01-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/380-bfe7ad3b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 先日のTVタックルについての記事に……  

一匹でも多くの犬達が幸せになりますように……。

「ただのいぬプロジェクト」



初めてコメントくださった皆様、いつもコメントを下さっている皆様、有難うございます。
お一人お一人にコメントをさせていただこうと思ったのですが、同じことを繰り返して書いてしまいそうなので
勝手ではございますが、こちらでお返事とさせてください。
すみません;



皆さんのコメントを拝見して、やはり犬を飼っている方はそう感じるのだなと思いました。

結局、ああいう事をする方達というのは、大多数があんな光景を番組で見ても何も感じないんだろうなとも思います。
でも、ああいう番組で実態をしって一人でも何か心にとめてくれたら、それは明日一匹の命が助かる事に繋がるかもしれない……そう願いたいです。

あの番組を見た後、別に犬猫に興味のない、飼ってもいないし飼おうとも思わないという方に、そういう現実があるんですよと話してみました。
その方の反応としては

「まぁ、可哀相だとは思うけど……。でもさ、処分するにしてもそこに俺たちの税金が使われてるってことだよね?
俺的にはそっちの方が気になるね。
そういう無責任な人間の尻拭いをなんで俺たちがしないといけないの?
なんで行政が、国が金を出してしりぬぐいしないといけないの?」


というご意見でした。

なるほど……、そうか、そういう意見もあるのかと妙に納得してしまいました。

犬も猫も飼った事もない、飼うつもりもない、人間の生活で手一杯だよという方々からすれば、無責任に繁殖する繁殖屋、それを売るショップ、そして無責任に飼って捨てる人たちの尻拭いを自分達が汗水たらして稼いだお金から税金として納めたお金でされていると思うと、それは不快かもしれません。

きっと、あの番組を見て心を痛めたり、涙したり、何かしなくっちゃ、何か出きないかなと考えるのは「犬を飼った事がある(もしくは現在飼っている)」人たち、そして犬との生活で幸せを感じたり、幸せを貰った、共有できた人たちが多いのでしょうね。

悲しいけれど、こればっかりはおしつける事は出来ませんし「飼うつもりもない」のならば、それはそれでもいいかなと思います。

私が許せないのは、「飼っておいて、無責任に捨てる」人たちですから。


今回のこの番組に限らず、こういう番組を見られない、見たくないという方達の気持ちも痛いほどわかります。

私があえてこういう番組を見るのは、ただ現実を見るためです。
現実を見ないから悪いとかそんな事は思いません。
犬が好きだからこそ見れないという気持ちはとっても良くわかります。

ただ、以前TVで二酸化炭素で殺される犬の姿をTVの限界まで見せた番組があったんです。
(これもネットでみられるようです)
あれを偶然見た時に、今目の前で苦しみもがいている犬達、そして、さっきまで生きていた子達がぴくりとも動かず折り重なって息絶えている姿を見た時……目をそらす事が出来ませんでした。
それは恐怖もあり、あまりの現実に目をそらすという事を思う暇もなかったと言った方が本当かもしれません。

でも今自分が見た事で、この子達が現実に生きていた事、そしてこんな苦しい思いをして悲しい思いをして命を絶たれた事……少なくとも今又、私という人間が記憶に刻めたと思いました。
あの報道を見なければ、あの子達がどこかであんな目にあっていた事も、存在していた事も私は知らなかった。

きっとあの番組を見た方達の中の何パーセントかの人たちの中に、あの子達は存在します。

「あなた達は、ちゃんとそこにいたんだね。
あなた達は、一生懸命声をあげたんだね。
直に聞く事も、助ける事もできなかったけれど
今、ちゃんと見たからね。
今、ちゃんと聞いたからね」

私はそう思いながら見ています。

今こうしている時にも、一体いくつの命が奪われているかわかりません。

一日も早く、そんな悲しい事が起こらない日本になればと心から思います。





藤井克己&秀狼のイラスト・漫画サイトが出来ましたv
バナー4
是非遊びに来てくださいねv


BeastProtectionArea BPA通販部 
BeastProtectionArea BPA通販部
2010年バニイラストカレンダー販売中(数量限定)vカレンダー、スケ―ジュール用フィラリアスタンプ、バニ・黒柴の木製ゴムスタンプ販売中v
その他グッズ多数ありますv

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
大バニトート
  宜しければ、上のバニイラストバナーやブログ村バナーをぽちっとお願いいたしますv



スポンサーサイト

4件のコメント

[C1864] 人間という生き物

小さな命一つ守ってやれない人間に、感情というものはあるのだろうか?
心が痛む事はないのだろうか?
そんな人間に子供がいたら、その子供はどんな
大人に成長するのだろうか?
小さな命から学ぶ事 いっぱいあるのに・・・
なんで人間はそうも残酷になれるのであろうか?
小さな命が頼れるには、その人間しかいないのに。
人間にもしも災難がふりかかろうとしたなら、その
小さな命は全身で人間を守ろうとするのに。
人間なんて小さな命以上に、ちっぽけな生き物だ。
深く考えてほしい。責任という言葉。重く受け止めてほしい。責任を果たすという事。
小さな命を飼う前に、自分に問いかけてほしい。
自分は命を守ってやれる人間なのか。
責任をまっとうできる人間なのか。
小さな命を軽んじる事が、どれほど罪深い事なのか、それがわからない人間は、この世で一番不幸な生き物だ。
私はそういう人間にはなりたくない。
生きている価値がなくなるから。

[C1865] 最後まで観てしまいました

殺処分の時は傍らに我が家のやんちゃ小僧がいたので抱き締めました。いつも冗談で口にする保健所の恐さを見て泣きました。
安楽死させたいが為に保健所は絶対良くないですね。ショップの売れ残りより飼い主による保健所行きが多い現実に唖然でした。
家の方にも殆どほったらかしの犬がいました。飼い主がお前なんか引き取りたくなかったんだよ。と云いながら餌をやっていました。目は完全に死に中型犬にしては小さくていつも丸くなっていました。今はもういませんけど…ちゃんと看てもらえたのかな?
ちゃんとペットの現状が知れた番組であったなと思いました
  • 2010-01-22
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C1867] andyさん

本当にその通りですね。

以前やはりこのような番組がありましたが、その時に保健所へ子猫を持ちこみに来た家族は恐ろしい人達でした。

まだ小さな子猫を連れてきた親は、所員の方に「なぜ持ちこまれるのですか?思いとどまれませんか?」と問われ
「家族で旅行に行くので面倒を見られないから」と答えました。
更に所員の方が説得しても
「子供たちに、旅行と猫とどっちがいいんだと聞いたら、子供も旅行がいいといった。だから思いなおすつもりはない」
という父親。
子供は泣いたという母親。
でもその母親からその後に出た言葉は
「子供たちにもいい経験になった。又猫を飼いたいと思います」

絶対飼わないで。

TVに向かって怒鳴りたくなりました。
猫と旅行を選択させる親も親。最低です。
でも、そこで泣きながらでも旅行と答える子供も行く末が不安です。
事の善し悪しがわかっていない年齢なのか……とも思いましたけど、画像でモザイク入りで写った子供はどうみても小学生。
その歳で「命」と「旅行」を天秤にかけて「命」を選べない子供はこの後どんな大人になるのか……。
泣いたという事はその猫がこの先どうなるのか、わかっているという事。
それでも「旅行」なのか……、本当に愕然とする映像でした。
  • 2010-01-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C1870] 帰蝶さん

ああいう番組を子供に悪影響を与えると、TV局に沢山クレームがくるそうですが
果たしてそうなのでしょうか。
あれを見て
「恐ろしい」「残酷だ」「可哀相」
と感じる事が悪影響なのか。
それはとてもまともな事だと思うのですが。

うちの姪っ子には常々
動物は大事にするように。
ペットとして飼った子はあなた達がいないと生きていけない命。
あなた達がお腹がすくのと同じように、動物もお腹がすく。
あなた達と同じように、狭い場所に閉じ込められば外へ出たい、遊びたいと思うんだよ。
と教えています。

子供がわからないなら周りの大人が教えるべきなんです。
そして、可能ならば動物とできるだけ沢山触れ合って欲しいです(姪っ子二女は重度のアレルギーで直に動物に触れませんが、それでも我が家も窓越しに猫や犬と触れ合ってます)
  • 2010-01-24
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/380-bfe7ad3b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。