Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2277] お幸せに~(*^-^)b

スタッフさんと御主人さんの 末永い幸せと 米君 ドン君と 健康と幸せな犬生を 祈ってます(#^-^#)
  • 2010-06-01
  • 投稿者 : 中川
  • URL
  • 編集

[C2278] 幸せになって良かったです!

米君が幸せになって、ほんと良かったですね!
悪質なブリーダーが、あとを絶たないですが、何も知らずに「可愛い」だけで、飼う方にも責任がありますよね!
世界中の全てのわんこ達が、みんな人間と共に幸せに暮らせるようになって欲しいです!
  • 2010-06-03
  • 投稿者 : Wan母さん
  • URL
  • 編集

[C2279]

太古の昔、犬は人間に飼われる様になってからは、人間無しでは生きられない動物になりました・・・と、聞いたことがあります。
主人次第でその子の生き方が大きく変ってしまうのは仕方ないことですが、せめて愛情だけは注いでほしいものですね。
シェフのところに山ほどいるチワワを見てると、本当に沢山のカラーバリエーションがありますね。
殆どは人によって作られたものなのでしょうが、それなりの個性があって、可愛いものです。
バーニーズのように、これだけ・・・というのも意外と少ないのかも・・・

[C2280]

売れるとなって、信念を曲げ妥協してしまう繁殖家の話はよく耳にします。
上記の方も、健全な個体を後世に伝える本来の趣旨を忘れてしまったんでしょうね。
私の犬つながりにも、そんな人がいて、あーあ、やっちまったかと残念な思いでした。
周囲も知らないうちに距離を置いてしまい、無くしたものの方が大きかったのではと思います。
デザイナーズドッグなんて呼び名もなんだか不快で、商品名を変えたら面白いくらい売れた
みたいな強かさを感じます。
それに踊らされる消費者も、なんだかなぁと思います。

米國くん、新しいお家が出来てよかったね。
二人の幸せを守ってあげてね。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : 山本利恵子
  • URL
  • 編集

[C2281]

コメントありがとうございました!!お久しぶりにこちらに遊びに来たんですけど
Iさん、ご結婚されるんですねー♪♪

先週の日曜日にこれまた久しぶりにIさんの勤務先に行ったらいらっしゃらなくて
「今日はお休みかな?」と思ったんですけど、もしかしたら、退職されましたか????


ところで。
ウチの近所にもボロボロで貰われてきたパピヨンがいます。
悪徳ブリーターでもなく、一般家庭からなんですが。
「パピヨンを貰ってくれないか?」と言われ、譲り受けたら
理由はわからないけど年齢も不明。歯はボロボロ、しかも足は骨折してたそうです。
元々飼っていたお宅は病院を経営されてて、小さいお子さんがいたそうです。

今飼っている方のお話では「飼ってる人間目線の勝手な飼い方をして、
可愛がってるつもりで犬をぞんざいに扱って
可愛がってるつもりで人間のオヤツをどんどん与えてたみたい」との事。
結局その方がパピヨンを譲り受けて早々動物病院に連れて行き、
足や歯の治療をして、今は歯は全部抜いています。

ちなみにそのパピヨンちゃん。
米国ちゃん同様、めちゃくちゃ人懐っこくて甘えん坊さんです。
ワタシと初対面の時から名前を呼ぶと尻尾を振って抱きついてくれました。
今はワタシの顔を見ると「きゃあ♪抱っこしてーーーー」と
飼い主さんの腕の中で暴れちゃいます(笑)

米国ちゃんの話とパピヨンちゃんの話。
飼われていた環境や、元の飼い主さんのスタンスは異なるのかもしれないですけど、
結局やってる事は同じような事。

考えさせられました。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : ミクロ嫁
  • URL
  • 編集

[C2282] 中川さん

有難うございますv
スタッフさんにも伝えておきますねv
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2283] Wan母さん

本当に、最初に米君を見た時は泣きそうになりましたよ。
でも今はとっても幸せそうv

一生懸命頑張っているブリーダーさんもいれば、お金だけに固執して命を命と思わないブリーダーもいる。
ていうか、そういう人たちはブリーダーと呼ぶのも腹が立ちますね。
ああいう人たちはパピーミル、繁殖屋です。

一匹でも多くの犬に一日でも早く幸せが訪れること願ってやみません。
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2284] レックスパパさん

私もそれは聞いた事があります。
何の番組だったかなぁ。

今こうして犬達と生活していると、同じこの時にもどこかで不幸な目にあっている子もいるんだなぁ……と思う事があります。
ヘソ天でイビキをかいて寝るこの子達と、その子達に一体なんの違いがあるのか。
同じように犬として生まれ、幸せになる権利があるはずなのに……。
犬は飼い主を選べない。
だからこそ人はその命に責任をもたなければならないと思うのですが。

チワワは本当に色んなカラーがありますよね。
それはとても個性的で見ているだけでも楽しいのですが、それ故におこる不幸もありますね。
レアカラーだから高い……それが不幸な犬を生む原因の一つにもなるなんて悲しいですね。
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2285] 山本さん

そうなんですよね。
本当にチワワに関わる前は、本当に犬を大事にされている方だったのですが、チワワの繁殖を始め、それに様々な人が絡み始めてからどんどん道を外れて行ってしまった感じです。
再三それではいけないとスタッフさんと声をかけ続けましたが、その声も結局はとどかなかったようです。
大事な友達だと思っていたのは私達だけだったのかと、その点でも悲しくなりました。

私もデザイナーズドックという言葉は嫌いですね。
犬の品種改良という面では、ちゃんと遺伝的問題などを熟知されたブリーダーさんがするべきことであり、安易に「可愛いから」と異犬種を交配していくなんて事はやってはいけない事と思います。
現に、我が家のかかりつけの獣医さんの所へ来られる患畜さんの中にダックス×プードルの子がいて、その子は前足は短く、後ろ足は長いという不自然なバランスで産まれ、その事が原因で一生薬を手放せないそうです。
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2286] ミクロ嫁さん

そうなんですよ~v
もう退職されて、今は結婚準備中です(笑)
お引っ越しされてしまうので、こちらで会う事はなかなか出来なくなるのが寂しい限りです。

そのパピヨンちゃんも酷い環境にいたのですね。
ていうか、骨折に気付かないって……どんだけその子に興味がなかったのか!
なぜ興味ももてないのに犬を飼うのか意味がわからない。

最近よく犬の散歩にベビーカーのような物を使っている方をみますが、それって犬は散歩できてないんじゃ??;;と。
歩いてこその散歩だと思うのだけれど……あの光景はいまだに謎です;
まぁ、お年寄りのワンちゃんとか病気のワンちゃんに外の空気を吸わせてあげたいとか、お散歩の雰囲気だけでも……という場合もあるのでしょうけども。

  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/439-b91f9fcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 チワワとニューファン●肖像画(イラストタイプ)  

【くるくるのしっぽ4巻:6月20日まで予約受付中!】

くるくる4巻表1完成稿

下記BPA通販部にて販売中ですv

くるくる4巻仕上がってまいりましたv
シオリも届きましたので、まだ予約期間中ではございますが、既にお申込み頂いている方には順次発送させていただこうと思いますv
到着までもうしばらくお待ちくださいねv


BeastProtectionArea BPA通販部 




昨日は一日元スタッフさんの結婚祝いに贈る「表札」用肖像画を描いておりました。
このスタッフさんには、本当に長く頑張っていただき、感謝してもしきれない事が沢山!
そしてそして、唯一近場で会って遊べる犬友達でもあるのですv

そんなスタッフさんの愛犬チワワの米國(よねくに)君とニューファンのドン君の表札が欲しいという事で、今制作中!
そのための肖像画なのですv
リアルタイプにしようかとも思ったのですが、スタッフさんがイラスト調がいいというので。

それがこの2枚。
まだ制作途中で、直さないといけない部分なんかもあったりしますが;

yone-kirinuki.jpg

don-kirinuki.jpg


今回、初めてチワワとニューファンを描いたのですが、ニューファン難しい!;;
真黒なので普通に描いたり色を塗ると、ひたすら真黒で、どこがどこやら;
実物もどこに目があるの!!という感じではあるのですが(笑)
チワワも初めて描きましたが、なかなか楽しかったですv
チワワは色んなカラーがあるので、又沢山描いてみたい犬種ですv

さて、この二匹。
実は二匹とも大人になってからスタッフさんの元へやってきました。
ドンちゃんは、元飼い主さんが離婚されてお世話をしていた奥様が出て行かれたとかで、旦那様の元に残されたのですが「世話が出来ない」とブリーダーさんの元へ返されてきたのだとか。
そこで里親募集されていたのをスタッフさんが引き取りました。

又、米國君は更に複雑な経緯でやってきた子。
酷いブリーダーの元にいた米君は名前も呼んでもらえず、ただご飯を貰っているだけだったそうで。
一応ついていた名前(米國はスタッフさんが新たにつけた名前です)を呼ばれても無反応という子でした。
管理も相当悪かったようで、スタッフさんが初めて米國君に会った時は若いと聞いていたのに歯はボロボロ、何本か抜歯しなければならないような状況。

更に、そのブリーダーさんから米君を買った人も、米君にとっていい飼い主ではありませんでした。
その方は私もスタッフさんも良く知っている方で、それまでは本当に親しくさせていただいてました。
犬が好きな人で、とってもいい方だと思っていたのに……。
チワワの繁殖に手を出してからというもの、どんどん変わってしまって。
遺伝的欠陥のある子を平気で繁殖に使ったりするようになったため、スタッフさんも私も何度か意見しましたが、反省してくれるのはその場限り。
「もう繁殖はやめる」といった舌の根も乾かないうちに又繁殖する。
プードルとチワワを飼っていたので、もしかして今流行りのデザイナーズドックにまで手を出すんでは……とスタッフさんと心配していたら、案の定「管理のミスで産まれてしまいました」と銘打ってチワワとプードルのデザイナーズドッグを売っていたり(本当にミスだとしても、ここまでくると信用できないですね)

と、まぁ、そういう方の所へ買われてきた米君。
きた時はガリガリにやせ、毛はヨレヨレ、チワワとは思えないくらい毛がスカスカ、歯はボロボロ、目は死んだように無感情。
結局買われた先でも繁殖に使われているだけ(この方が米君を買った目的は、米君がレアなブルーコートの遺伝子を持っているから)
あまりの状況にスタッフさんが「私が飼う!」とその方から譲り受け連れ帰った次第です。
譲り受ける時に「この子には相当構ってあげたけど、尻尾も振らないし、懐かない。ご飯もいい物食べさせてるのに毛ぶきがよくならない」と聞かされていたスタッフさん。
そんな事は関係ない。
そんな風にしたのはこの子に今までかかわった人間のせいだし、毛なんかなくたって構わないと米君を引き取りました。

しっかーし。
スタッフさんの家に来て僅か1週間(もたってなかったかな?)で、米君はスタッフさんに甘えまくる普通のチワワンに変貌。
膝に乗せてvと前足でスタッフさんの手に催促するほど。
毛だって、あっというまにふわふわに;
チワワというよりはポメラニアン??と見間違えられるほどのホワホワチワワンになりました。

結局、最初のブリーダーも、次のオーナーも「可愛がっている。ケアしている」といいながら、その実は全くそんな努力はしていなかったのでしょう。
だって、スタッフさんは特別な事をしたわけでもなく、ただ普通の犬として扱っていただけなんですから。
そんな、最低限の事も出来ていなかったのかと思うと本当に情けない。

米君は今はとっても幸せに暮らしていますv
一時期はスタッフさんがドックカフェでバイトしていたので、そのカフェで看板犬をしていたほどですv
獣医さんにいわせると米君の年齢はそれほど若くないのではないかという事。
歯の状態は体の状態からすると10歳を超えた犬と同じなんですって(当時聞いていた年齢は2・3歳。年齢もはっきりしないほど放置されてたんですよ)
あと、米君はアンダー(下顎が上顎より出ている)なんですが、二度目のオーナーは米君を繁殖に使う際
「この子がアンダーだから、女の子は逆に上顎の方が長くて下あごが短い子にした」
と、そんないい加減な繁殖をしていたそうです(呆)
更に、スタッフさんの家にきてわかったのですが、米君は足の関節に遺伝的な欠陥を持っていたそうで。
米君の子供たちにそれが遺伝していないといいのですが……。
(これに関しては、スタッフさんがその方に「米の子供を譲る時は必ず、その遺伝欠陥について説明してから譲って」と約束させ、ネットで販売している時はその旨記載させていましたので、多分各オーナーさんはその事は知っているはずなのですが……)


本当に米君に関しては色々考えさせられました。
米君の事は勿論ですが、それまで犬好きないい友達だと思っていた方が、そんな風に変貌してしまう事もあるんだとショックでしたし、実際目の前で無謀な繁殖が行われるのも見ました。

今救いなのは、米君が幸せに暮らしている事。
この先も幸せな一生を送れるだろうという事。


スタッフさんと一緒にドン君、米君を引き受けてくださった旦那様に感謝です!(笑)

どうかどうか、皆お幸せに!


スタッフさんの事が大好きだった雀女は、ちょっと寂しくなるね~。
今までのようにはしょっちゅう会えなくなるもんね。
又、機会があったら会いにいこうv




藤井克己&秀狼のイラスト・漫画サイトが出来ましたv
バナー4

【お仕事随時募集中】

カット、イラスト、デザイン、漫画お仕事募集しております。

過去の作品については下記に掲載しております。
http://profile.ameba.jp/bla-blog/

▲得意ジャンル▲

・ペット系(犬猫漫画他、経験あり)
・少年誌系(連載経験あり)

その他、とりあえず色んなジャンルにチャレンジしようと思っています。
同人誌のイラスト、漫画などもお引き受けできますので、お気軽にご連絡いただけたらと思います。

ご連絡はこちらまで  bpa[あっと]bparea.sakura.ne.jp  
(お手数おかけいたしますが[あっと]を@にしてご連絡ください)

BeastProtectionArea BPA通販部
フルカラーメモ帳、2010年バニイラストカレンダー、スケジュール用フィラリア(バニ)木製ゴムスタンプ、バニクリアファイルなどなど色んなグッズ販売中v

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ


大バニトート
  宜しければ、上のバニイラストバナーやブログ村バナーをぽちっとお願いいたしますv








スポンサーサイト

10件のコメント

[C2277] お幸せに~(*^-^)b

スタッフさんと御主人さんの 末永い幸せと 米君 ドン君と 健康と幸せな犬生を 祈ってます(#^-^#)
  • 2010-06-01
  • 投稿者 : 中川
  • URL
  • 編集

[C2278] 幸せになって良かったです!

米君が幸せになって、ほんと良かったですね!
悪質なブリーダーが、あとを絶たないですが、何も知らずに「可愛い」だけで、飼う方にも責任がありますよね!
世界中の全てのわんこ達が、みんな人間と共に幸せに暮らせるようになって欲しいです!
  • 2010-06-03
  • 投稿者 : Wan母さん
  • URL
  • 編集

[C2279]

太古の昔、犬は人間に飼われる様になってからは、人間無しでは生きられない動物になりました・・・と、聞いたことがあります。
主人次第でその子の生き方が大きく変ってしまうのは仕方ないことですが、せめて愛情だけは注いでほしいものですね。
シェフのところに山ほどいるチワワを見てると、本当に沢山のカラーバリエーションがありますね。
殆どは人によって作られたものなのでしょうが、それなりの個性があって、可愛いものです。
バーニーズのように、これだけ・・・というのも意外と少ないのかも・・・

[C2280]

売れるとなって、信念を曲げ妥協してしまう繁殖家の話はよく耳にします。
上記の方も、健全な個体を後世に伝える本来の趣旨を忘れてしまったんでしょうね。
私の犬つながりにも、そんな人がいて、あーあ、やっちまったかと残念な思いでした。
周囲も知らないうちに距離を置いてしまい、無くしたものの方が大きかったのではと思います。
デザイナーズドッグなんて呼び名もなんだか不快で、商品名を変えたら面白いくらい売れた
みたいな強かさを感じます。
それに踊らされる消費者も、なんだかなぁと思います。

米國くん、新しいお家が出来てよかったね。
二人の幸せを守ってあげてね。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : 山本利恵子
  • URL
  • 編集

[C2281]

コメントありがとうございました!!お久しぶりにこちらに遊びに来たんですけど
Iさん、ご結婚されるんですねー♪♪

先週の日曜日にこれまた久しぶりにIさんの勤務先に行ったらいらっしゃらなくて
「今日はお休みかな?」と思ったんですけど、もしかしたら、退職されましたか????


ところで。
ウチの近所にもボロボロで貰われてきたパピヨンがいます。
悪徳ブリーターでもなく、一般家庭からなんですが。
「パピヨンを貰ってくれないか?」と言われ、譲り受けたら
理由はわからないけど年齢も不明。歯はボロボロ、しかも足は骨折してたそうです。
元々飼っていたお宅は病院を経営されてて、小さいお子さんがいたそうです。

今飼っている方のお話では「飼ってる人間目線の勝手な飼い方をして、
可愛がってるつもりで犬をぞんざいに扱って
可愛がってるつもりで人間のオヤツをどんどん与えてたみたい」との事。
結局その方がパピヨンを譲り受けて早々動物病院に連れて行き、
足や歯の治療をして、今は歯は全部抜いています。

ちなみにそのパピヨンちゃん。
米国ちゃん同様、めちゃくちゃ人懐っこくて甘えん坊さんです。
ワタシと初対面の時から名前を呼ぶと尻尾を振って抱きついてくれました。
今はワタシの顔を見ると「きゃあ♪抱っこしてーーーー」と
飼い主さんの腕の中で暴れちゃいます(笑)

米国ちゃんの話とパピヨンちゃんの話。
飼われていた環境や、元の飼い主さんのスタンスは異なるのかもしれないですけど、
結局やってる事は同じような事。

考えさせられました。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : ミクロ嫁
  • URL
  • 編集

[C2282] 中川さん

有難うございますv
スタッフさんにも伝えておきますねv
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2283] Wan母さん

本当に、最初に米君を見た時は泣きそうになりましたよ。
でも今はとっても幸せそうv

一生懸命頑張っているブリーダーさんもいれば、お金だけに固執して命を命と思わないブリーダーもいる。
ていうか、そういう人たちはブリーダーと呼ぶのも腹が立ちますね。
ああいう人たちはパピーミル、繁殖屋です。

一匹でも多くの犬に一日でも早く幸せが訪れること願ってやみません。
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2284] レックスパパさん

私もそれは聞いた事があります。
何の番組だったかなぁ。

今こうして犬達と生活していると、同じこの時にもどこかで不幸な目にあっている子もいるんだなぁ……と思う事があります。
ヘソ天でイビキをかいて寝るこの子達と、その子達に一体なんの違いがあるのか。
同じように犬として生まれ、幸せになる権利があるはずなのに……。
犬は飼い主を選べない。
だからこそ人はその命に責任をもたなければならないと思うのですが。

チワワは本当に色んなカラーがありますよね。
それはとても個性的で見ているだけでも楽しいのですが、それ故におこる不幸もありますね。
レアカラーだから高い……それが不幸な犬を生む原因の一つにもなるなんて悲しいですね。
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2285] 山本さん

そうなんですよね。
本当にチワワに関わる前は、本当に犬を大事にされている方だったのですが、チワワの繁殖を始め、それに様々な人が絡み始めてからどんどん道を外れて行ってしまった感じです。
再三それではいけないとスタッフさんと声をかけ続けましたが、その声も結局はとどかなかったようです。
大事な友達だと思っていたのは私達だけだったのかと、その点でも悲しくなりました。

私もデザイナーズドックという言葉は嫌いですね。
犬の品種改良という面では、ちゃんと遺伝的問題などを熟知されたブリーダーさんがするべきことであり、安易に「可愛いから」と異犬種を交配していくなんて事はやってはいけない事と思います。
現に、我が家のかかりつけの獣医さんの所へ来られる患畜さんの中にダックス×プードルの子がいて、その子は前足は短く、後ろ足は長いという不自然なバランスで産まれ、その事が原因で一生薬を手放せないそうです。
  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2286] ミクロ嫁さん

そうなんですよ~v
もう退職されて、今は結婚準備中です(笑)
お引っ越しされてしまうので、こちらで会う事はなかなか出来なくなるのが寂しい限りです。

そのパピヨンちゃんも酷い環境にいたのですね。
ていうか、骨折に気付かないって……どんだけその子に興味がなかったのか!
なぜ興味ももてないのに犬を飼うのか意味がわからない。

最近よく犬の散歩にベビーカーのような物を使っている方をみますが、それって犬は散歩できてないんじゃ??;;と。
歩いてこその散歩だと思うのだけれど……あの光景はいまだに謎です;
まぁ、お年寄りのワンちゃんとか病気のワンちゃんに外の空気を吸わせてあげたいとか、お散歩の雰囲気だけでも……という場合もあるのでしょうけども。

  • 2010-06-08
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/439-b91f9fcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。