Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2951] わかるなぁ

近場にあるホームセンターでバニがその後どうなったか確かに気になったが見に行けなかった。ボーダーちゃんもかなり安値で販売されていた。
二匹目を確かに欲しがったが、余裕がない。でも先代ゴールはコロコロ仔犬時代ではなく、やや大きくなっていました。そして痩せていました。その犬を助けたのゴールです

  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C2952]

生体販売ブース・・・そこで見かける「特価」や「セール」と書かれた張り紙の向こう側にいる大きくなった子達を見ると胸が押しつぶされそうになります。この子たちはこの後どうなるんだろう・・・どうかいいパートナーさんに巡り会えますように・・・と願わずにはいられません。
私も出来ることなら・・・と思いますが、やっぱり余裕がなければ迎えることは無理!と思ってるので・・・

そういえばバニを迎えたい、でも夢希が亡くなって日も浅い・・・と思いながらも立ち寄ったお店で、言われた一言が愛夢を迎えるきっかけになりました。「3日後までに売れなければ市場に出します」
えっ・・・市場って・・・あるのは知ってたけどこんなに身近で耳にするとは・・・その場で決めることはできず、一旦家に帰り会議・・・結果迎えよう!ってことになりました。そして電話でそのことをお店の人に伝え、翌日迎えにいきました。
その時まだ女の子・・・と迷っていたのですがお店に着いたらピカピカにシャンプーされ爪切りされて他所いきにおめかしされた愛夢が・・・「この子ですよね?」とお店の人・・・その後女の子を又連れてきて見せてくれたのですが、もうピカピカの愛夢のことを思うと「この子!」と言ってました(笑)
あれも縁だったのかな~と今は思います。
あの時、一緒にいた愛夢の兄弟であろう子達・・・市場に連れていかれたのだと思います。
市場からショップへ、そして可愛がってくれるオーナーさんのもとへたどりついてほしい・・・みんなが幸せでありますように・・・

まだ間に合うから・・・聞いていて切なくなりました。こういう現実が自分のそばにあるということしっかり考えなきゃ!って思いました。
  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 夢希ママ
  • URL
  • 編集

[C2953] 帰蝶さん

日本も海外のように、店頭での生体販売をやめてくれるといいのですけれど。
ブリーダーさんは日本中にいらっしゃるのだし、
いざとなれば県外へだっていけないわけじゃない。
ペットショップの全てが悪いとはいいませんが
圧倒的に悪質なショップが多いのが現実。

なぜ動物の命がこんなに軽く思われるのか、理解できないです。
  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2954] 夢希ママさん

ペットショップなどを見るたびに、沢山の子犬子猫がいて
この中の何匹が幸せになれるんだろうと考えてしまいます。
いい加減な店員の説明などを聞いたり
それを鵜呑みにしている、全く事前に犬猫について勉強もしていない飼い主候補を見るたび
寒気がします。
犬を飼うって、いきなりペットショップに立ち寄って、いきなり決められる事なのかな?
そういう出会いもあるけれど、それは元々犬が好きだったり、いつかはと飼う予定をたてていたりしての話しじゃないかな。
全く犬に興味もなかった人が、そこでただ可愛いというだけで飼う事を決めて
その犬種がどんな性質か、どれだけ大きくなるのかもわからないままに飼うようなものではにと思うのですけども。
ほんとにね、ほんとにね、いい加減なショップ定員や
その場で躾相談とか受けてる、専属のトレーナーとかの話しを聞いてると「はぁ??????」という事多いですよ;(トレーナーって、本当にあんた資格もってんの?て言うか、ほんとに犬好き?って人多いです;)


愛夢君との出会いって、そんなエピソードがあったんですね;;
それにしても、ピカピカにおめかしされた愛夢君をみちゃったら、そりゃ連れてかえっちゃいますよね(笑)
そこで、「いやこっちの子を」なんて言えない~;;;

それを思えば、愛夢君が夢希ママさんの家族になったのは運命なのかも。
色々お話を伺っていると、もし愛夢君が無知な飼い主の所へいってたら……、もう生きていられなかったかもしれないし。
夢希ママさんだから、根気よく愛夢君とむきあっていけてるんだと思うのです。

愛夢君の兄弟達は本当にどこへいっちゃったんでしょうね。
愛夢君のようにいい家族に恵まれていてくれるといいなぁ。

「まだ間に合うから」これを聞いてると、お金を出して子犬を買うという事が、ものすごく悪い事のように感じてしまったりもします。
実際同じ犬を飼うなら、こういう子達を助けてあげればいいじゃない!とおっしゃる方もいます。
でも、これから長く一生をともにする家族になる愛犬です。
可能な限り自分の生活環境にあった性質や大きさの犬を家族に迎える事が大切だと思うのです。
それがたまたま純血種であったりMIXだったりするわけです。
あとは、タイミングだったり、やっぱり縁だったりするんだと思います。


  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/539-f8b86df3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 【追加動画あり】縁というものの不思議  

●BPA通販部のアドレスが変わります●

このたびBPA通販部のアドレスが変わる事となりました。
今まで使用していた@bparea.sakura.ne.jpのアドレス全て今月一杯で使用できなくなり、下記のアドレス一本に統一されます。
現在このアドレスをご利用の方、お問い合わせなどの際は、お気をつけください。

新アドレス:fuzii0129@gmail.com



BPA通販部のグッズ・本を販売して頂いておりますv完売商品もこちらには在庫ありですので是非ご利用くださいv
エリン舎様「ペットにエコ」  クリックしてねv


先日、4代目のために用意する色々を大型のホームセンターに併設されているショップへ見に行きました。
4代目を迎える事が決まってから、小さな首輪やリード、ボゥルや玩具……色んな物が目につきます。
もう雀女やアイちゃんには必要なかったりするものなので、「今頃はこんな風になってるのか」と思うようなグッズも増えていてなかなか興味深いです。

で。
そういうものを見ていると、ついつい目に入ってしまうのが生体販売ブース。
なるべく近づかないように避けて通っていた場所ですが、どうしても目に入ってしまう。

その時そこにいたのは、もう成犬サイズになったボーダーコリー。
大きくなった体が、狭いケージでは窮屈そうで……。
沢山の人が行きかっているのに、一度も頭をあげず伏せたまま。
そして、そんな大きな子には見向きもしない客。
素通りしていく人の足の間からちらちら見えるその姿が、今でも目に焼き付いています。

あの子はこのままだとどうなっちゃうのだろう。
ボーダーコリーといえば、いつだって走っていたいような犬種のはず。
それがあんな狭い場所にずっと閉じこめられて、身動きするとしたら寝返りくらい。
TVで見たり、外を歩いているボーダーの目はあんな淀んだ目はしてない。
皆キラキラといつもオーナーさんを見つめて、楽しそうにしていたのに。

それがあの子はどうだろう。
この世の中には自分以外誰もいない、存在しないとでもいうように身じろぎひとつせず
瞼をもちあげようともしない。
あの痩せた体……きっと大きくなるにつれ餌を減らされ満足に食べさせてももらってないんだろう。


でも、悔しいかな私にはどうにもしてあげられない。
多分、4代目が来ることが決まっていなければ、ニュートンを迎えた時のように
衝動的に連れ帰ったかもしれない。
「かもしれない」というのはボーダーの性質などを考えると、我が家には向かないという事があるから。
ボーダーの運動量にはとても私はついていけないし、満足させてあげられない。
その自信は全くない。

でも、でも、もしかしたらやっぱり連れ帰ったかもしれない。

そう考えると、こういう出会いというのは本当に「縁」というものがあるんだなと思うのです。

「もし、4代目を迎える事がきまっていなかったら」
「もし、この子がバニだったら」
「もし、我が家が4代目だけの単頭飼いだったら」

そんな「もし」があったら、あの子は今あのケージの中ではなく、我が家のこのリビングで、雀女がヘソ天で寝ているベットで寝ていたかも。

けれど、その「もし」はあくまで「もし」であって、現実ではそうではない。

そこでその子との「縁」というものは私とは繋がらない。

「そんな事いわずに助けてあげて」とか「縁なんていい訳だろう?飼う気がないだけだろう?」と言われるかもしれないけれど、でも、実際無理は無理。

現実問題として、4頭目の犬を迎える余裕はないし、責任が持てない。
今いる子達、これから迎える4代目。
この子達と生活していく上で、私がたてている生活設計が崩れてしまうと、それは全ての子にすぐさま影響が出てしまう。
現実に私がまず責任を持たなければならないのは、今いる子達。
この子達にひもじい思いをさせないよう、暑い寒い思いをさせないよう、病気で苦しい思いをさせないよう、常に私はある程度の余裕と余力をもっていなければならない。

犬と生活するという事はそういう事だと私は思っています(犬に限らず、動物を飼うという事は命を預かる事です)
いつもギリギリのラインでいたって頑張れる人もいると思いますし、実際している人もいると思います。
本当に尊敬します。
でも、私には無理。
私は少しでもいい、余裕と余力を持っていないとダメなんです。
これって人それぞれのラインであって、どうにもならないと思っています。

だから、ショップであのボーダーちゃんのような子を見ると、もうたまらない気持になります。
申し訳なくて、申し訳なくて。
あの子の前でただ謝りたい。
こんな思いをさせてごめんね、ここから出してあげられなくてごめんね、何もできない、する勇気がない私を許してねと、自分勝手に謝るしかありません。

そして、ただただ、この子にも素晴らしいご縁が結ばれていますようにと願う以外出来ません。
どこかに必ずいるであろう、この子の運命のオーナーさんと無事出会えますように……そう願うことしかできません。

もう暫くはあのホームセンターには近づけません……。
気になるけど……近づきたくない。

もうすぐオイタンの49日。

4代目のお迎えに浮かれすぎてる私にオイタンが「浮かれてばっかいないで、ちょっとは周りにも目を向けて、もう一回僕達と暮らす事がどういう事か考えようね」と言われている、そんな気になりました。


悲しい現実……。全ての犬猫に幸せが訪れますように……。

保健所にいる犬猫の気持ちを歌った曲です……。↓





藤井克己&秀狼のイラスト・漫画サイトが出来ましたv
バナー4

【お仕事随時募集中】

カット、イラスト、デザイン、漫画お仕事募集しております。

過去の作品については下記に掲載しております。
http://profile.ameba.jp/bla-blog/

▲得意ジャンル▲

・ペット系(犬猫漫画他、経験あり)
・少年誌系(連載経験あり)

その他、とりあえず色んなジャンルにチャレンジしようと思っています。
同人誌のイラスト、漫画などもお引き受けできますので、お気軽にご連絡いただけたらと思います。

ご連絡はこちらまで  fuzii0129[あっと]gmail.com
(お手数おかけいたしますが[あっと]を@にしてご連絡ください)

BeastProtectionArea BPA通販部
フルカラーメモ帳、バニイラストカレンダー、バニクリアファイルなどなど色んなグッズ販売中v

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ


大バニトート
  宜しければ、上のバニイラストバナーやブログ村バナーをぽちっとお願いいたしますv

スポンサーサイト

4件のコメント

[C2951] わかるなぁ

近場にあるホームセンターでバニがその後どうなったか確かに気になったが見に行けなかった。ボーダーちゃんもかなり安値で販売されていた。
二匹目を確かに欲しがったが、余裕がない。でも先代ゴールはコロコロ仔犬時代ではなく、やや大きくなっていました。そして痩せていました。その犬を助けたのゴールです

  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 帰蝶
  • URL
  • 編集

[C2952]

生体販売ブース・・・そこで見かける「特価」や「セール」と書かれた張り紙の向こう側にいる大きくなった子達を見ると胸が押しつぶされそうになります。この子たちはこの後どうなるんだろう・・・どうかいいパートナーさんに巡り会えますように・・・と願わずにはいられません。
私も出来ることなら・・・と思いますが、やっぱり余裕がなければ迎えることは無理!と思ってるので・・・

そういえばバニを迎えたい、でも夢希が亡くなって日も浅い・・・と思いながらも立ち寄ったお店で、言われた一言が愛夢を迎えるきっかけになりました。「3日後までに売れなければ市場に出します」
えっ・・・市場って・・・あるのは知ってたけどこんなに身近で耳にするとは・・・その場で決めることはできず、一旦家に帰り会議・・・結果迎えよう!ってことになりました。そして電話でそのことをお店の人に伝え、翌日迎えにいきました。
その時まだ女の子・・・と迷っていたのですがお店に着いたらピカピカにシャンプーされ爪切りされて他所いきにおめかしされた愛夢が・・・「この子ですよね?」とお店の人・・・その後女の子を又連れてきて見せてくれたのですが、もうピカピカの愛夢のことを思うと「この子!」と言ってました(笑)
あれも縁だったのかな~と今は思います。
あの時、一緒にいた愛夢の兄弟であろう子達・・・市場に連れていかれたのだと思います。
市場からショップへ、そして可愛がってくれるオーナーさんのもとへたどりついてほしい・・・みんなが幸せでありますように・・・

まだ間に合うから・・・聞いていて切なくなりました。こういう現実が自分のそばにあるということしっかり考えなきゃ!って思いました。
  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 夢希ママ
  • URL
  • 編集

[C2953] 帰蝶さん

日本も海外のように、店頭での生体販売をやめてくれるといいのですけれど。
ブリーダーさんは日本中にいらっしゃるのだし、
いざとなれば県外へだっていけないわけじゃない。
ペットショップの全てが悪いとはいいませんが
圧倒的に悪質なショップが多いのが現実。

なぜ動物の命がこんなに軽く思われるのか、理解できないです。
  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C2954] 夢希ママさん

ペットショップなどを見るたびに、沢山の子犬子猫がいて
この中の何匹が幸せになれるんだろうと考えてしまいます。
いい加減な店員の説明などを聞いたり
それを鵜呑みにしている、全く事前に犬猫について勉強もしていない飼い主候補を見るたび
寒気がします。
犬を飼うって、いきなりペットショップに立ち寄って、いきなり決められる事なのかな?
そういう出会いもあるけれど、それは元々犬が好きだったり、いつかはと飼う予定をたてていたりしての話しじゃないかな。
全く犬に興味もなかった人が、そこでただ可愛いというだけで飼う事を決めて
その犬種がどんな性質か、どれだけ大きくなるのかもわからないままに飼うようなものではにと思うのですけども。
ほんとにね、ほんとにね、いい加減なショップ定員や
その場で躾相談とか受けてる、専属のトレーナーとかの話しを聞いてると「はぁ??????」という事多いですよ;(トレーナーって、本当にあんた資格もってんの?て言うか、ほんとに犬好き?って人多いです;)


愛夢君との出会いって、そんなエピソードがあったんですね;;
それにしても、ピカピカにおめかしされた愛夢君をみちゃったら、そりゃ連れてかえっちゃいますよね(笑)
そこで、「いやこっちの子を」なんて言えない~;;;

それを思えば、愛夢君が夢希ママさんの家族になったのは運命なのかも。
色々お話を伺っていると、もし愛夢君が無知な飼い主の所へいってたら……、もう生きていられなかったかもしれないし。
夢希ママさんだから、根気よく愛夢君とむきあっていけてるんだと思うのです。

愛夢君の兄弟達は本当にどこへいっちゃったんでしょうね。
愛夢君のようにいい家族に恵まれていてくれるといいなぁ。

「まだ間に合うから」これを聞いてると、お金を出して子犬を買うという事が、ものすごく悪い事のように感じてしまったりもします。
実際同じ犬を飼うなら、こういう子達を助けてあげればいいじゃない!とおっしゃる方もいます。
でも、これから長く一生をともにする家族になる愛犬です。
可能な限り自分の生活環境にあった性質や大きさの犬を家族に迎える事が大切だと思うのです。
それがたまたま純血種であったりMIXだったりするわけです。
あとは、タイミングだったり、やっぱり縁だったりするんだと思います。


  • 2011-01-25
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/539-f8b86df3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。