Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3534] 今晩は

余計なお世話かもですが、砂利は足に悪くパットや関節を痛める事が多いです・・
特に成長期には歩かせてはいけないと長男バニの時に教えて貰いました。
三男バニひー君は今5ヶ月で30kgあり、成長スピードに驚いています。
健やかに成長して貰いたいです(^_~)
  • 2011-06-03
  • 投稿者 : ☆バニママ☆
  • URL
  • 編集

[C3535] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-03
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3536] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-04
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3537] 以前コメントした

www.p-well.com/health/clinic/dog/dog-kokansetsu3.html

↑見てみてください。
今朝ブログを見させてもらい、驚いて取り急ぎコメントさせていただきます。前回お腹ゆるゆるの時コメントしたものです。

今の時代はくる病はほとんど少なくて、昔からの獣医さんがくる病と誤診してしまうこともあるそうです。

あり得るとしたら、関節ネズミの前というか、「骨軟骨症」じゃないですかね?(くる病とは逆で、カルシウムを摂取しすぎて、軟骨が分厚くなる病気です。大型犬は断然こっちが多いですよ)
くる病の注射をする前に、レントゲンを撮ったほうがいいですよ!

今の時代、くる病は家に閉じ込めて味噌汁ぶっかけご飯とかをあげない限りめったにないと思いますけど・・・^^;

いつも病気の時だけコメントしてすいません<(_ _)>あと、ずけずけ書いてすいません。
ワトソンくんはまだまだ若いので、一応出身犬舎さんに相談されてはどうでしょうか?
個人的にくる病は・・・ドッグフードを食べていればならないと思いますけど、私より犬舎さんのほうが詳しいと思います。

関節ネズミとか、大型犬はこっちのほうが多いと思います。どちらかというとですけど。
急いで書いたので、配慮に欠ける内容でしたらすいません<(_ _)>

なんにしても、ワトソンくんの痛い痛いが飛んでくれるといいですね。
(このコメント、問題あったら消去してかまいませんので<(_ _)>)
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 通りすがりのバニ飼い主
  • URL
  • 編集

[C3539] ☆バニママ☆さん

そうなんですね;;知りませんでした~;;
以前ショーをやっている方々から
「足の強化と握りをよくするために砂利の上で運動させるのがいい」
と聞いていたので、てっきりそうなんだと思ってました;
でもね、よく考えたらそうかも。
人間だって素足で砂利の上を歩いたら痛いですものね;

ただ、我が家のあの砂利スペースは駐車場兼なもので撤去が出来ないんですよ(おまけに砂利スペースの4分の三はお隣の敷地なので我が家に砂利撤去の権限がない;)
とりあえず、砂利の上をなるべく歩かせないようにして
砂利向こうのアスファルトの共有スペースと、我が家の芝生スペースで遊ばせるようにします~;
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3540] Gさん

やはり大型犬の子犬は皆さん通る道なのですね;
我が家の歴代バニ達は幸いにもどの子もそういう事がなかったのワッチョが今回初めてなのです。

今後は色々対対策を練っていこうと考えていますが
サプリがどんなものが良くてダメかなかなか;;
グルコサミンはオイタンがお年寄りになってから飲んでいたので
ちょっと獣医さんに確認してOKが出たらためしてみますね~v

貴重な情報有難うございますv
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3541] Tさん

あ~、まるっきりワッチョと一緒ですね~。
大型の子犬にはやはりそういう子が多いんですね。
まぁ、たった数カ月で何倍もの大きさになるんですものね。
骨なども勿論、内臓なども同じように育つとは限らないのかもしれません。
いつか大人になって「あぁ、こんな時もあったなぁ」と笑って話せる日がくるといいですねぇ;

ワッチョは女の子だから大きくはならないだろうなんて考えてましたけど
なんだか毎日むくむく大きくなって、このままいくとダックンに続くビックバニになるんではと思っております;
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3542] 通りすがりのバニさん

いつも貴重な情報有難うございます。

私も昨日は何だかプチパニックだったので、ちゃんとブログがかけてなかったかもしれません~;

ワッチョを見た獣医さんが心配してくださったのは
ワッチョがカルシウムを摂取しすぎているんではないかという事です。
カルシウムを摂取しすぎると、通りすがりのバニさんが教えてくださったサイトに書かれている通り
軟骨が大きくなりすぎてしまう事があって、それが原因で病気になってしまうんだそうで。
今回ワッチョの関節が他の骨に比べて大きくなってしまっているのは、そういうカルシウムの過剰摂取ではないかと心配されたんです。
が、当然我が家もその辺は承知しておりましたので特別にカルシウム剤を与えたり、カルシウムを摂取するような食材も与えていません;

そこで他の要因としてあがったのは、日光浴不足。
これはクル病などの原因にもなるのですが、我が家はブログでも書いたとおり朝晩約1時間ほど庭で遊んでおりますので、先生もそれなら大丈夫なはず……と;
ということで、今現在原因不明なのです;;
(ちなみに今日注射するのはカルシウムではなくビタミンDです)

私もイマイチよくわかっておらず、昨日もビタミンD欠乏症に関して色々調べてみたのですが
どこも同じ内容しか書いておらず、やはり解決策としては日光浴とビタミンDの補給(注射やサプリなど)しかないようです。

一応昨日犬舎さんにもお電話し、ビタミンD症候群かもしれないというご報告をさせていただき
犬舎さんでもそれについて形成専門の獣医さんにもお話を伺って下さるという事になりました。

沢山の方に心配していただいておりますワッチョはといいますと
本人はいたって元気でケロリとしたもの;
ただ、リビングからタイルスペースへ降りるには、どうしても3段の階段をおりなければならないのですが
そこはちょっと躊躇しています(今までは飛び降りる勢いだったんですけども;)
今まではその階段は元々滑り止めが塗ってあったので、滑るという事もなくそのままにしていたのですが
流石に今回の事で、滑り止めワックスの上に更に滑り止めシートをしいて対策しました。
今のワッチョの足の状態では些細な事が骨折などになる事もあるそうなので;

これからは今まで以上に気をつけてあげなければと思っています。

いつもいつも本当にご心配いただき、有難うございます!
私一人ではなかなか対応しきれなかったり、情報を集めきれなかったりするので
本当に助かります。
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3543] くる病でなくて安心

バーニーズは骨軟骨症というか・・・「離断性骨軟骨症」とか関節ネズミが比較的多いので、犬舎さんもいろいろと調べてくれると思うので、なにか分かるといいですね。

日光浴が原因・・・ではないと思うのですが^^;
1日中日が当らない部屋に閉じ込めておかない限り、室内にいても光は届くと思います^^;

Peppyの病気の欄に「ビタミンD不足は慢性的な下痢が続くことで起こりますが、バランスの良い食生活をしている動物ではビタミンDが不足することはまずありません」とありました。
この文章自体曖昧なので参考になるか分かりませんが、ワトソンちゃんはうんちがゆるゆるの時があるので、関係しているのかな?
でも、素人の憶測だとやはり分からないですよね。犬舎さんの調べた結果、なにか分かるといいのですが。

女の子だったんですか!?すいません<(_ _)>
あまりにも大きいので、男の子かと・・・
もともと「大きくならないだろう」という骨格の子が、ブリーダーさんも首をかしげるほどに足がぐんぐん伸びる場合があって、そうすると骨のトラブルやらが出てきてしまうんですよね。
成長に追い付けなくって、体が悲鳴をあげているのかもしれません。(だって、ワトソンちゃん大きいんですもの!いやいや、大きいですよ・・・女の子の中では、さらに大きいと思います)

それでは、とても大変な時期かと思いますが、原因だけでも分かると対策もできるので、1日でも早く分かるといいのですが・・・。
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 通りすがりのバニ飼い主
  • URL
  • 編集

[C3544] 通りすがりのバニさん

そうなんです;
犬舎さんには毎回毎回ご迷惑をおかけしてばかりです;

我が家はオイタン達が暑がらないように、あえてあまり日当たりのいい家にはしてないんですけども
それでも全く日の光が入らないというわけではないんですけどね;
獣医さんもワッチョの生活圏は見て知っているので、「そんなわけないんだけどなぁ」と首を捻ってました;

そうそう!
私もそこが気になったんですよ。
慢性下痢の部分がワッチョはそのままあてはまるので、もしビタミンDに注射でお腹が改善されたら
それはそれでいいなぁと。
そこも今日先生に伺ってみようと思っています。

あ、ワッチョ女の子です(笑)
名前のせいでまず皆さん男の子だと思われてます。
外で会う人にも名前を聞かれて答えると「あら~、ワトソン君ていうの~v」となでくりしてくださるので
最近は面倒くさくなって訂正してません(酷)
なので、結構ワッチョを男の子だと思っている人近所でも多いのではないかと(笑)

我が家は初代のニュートン以外は男の子ばかりでしたので
女の子は小さいというイメージがあったんです(ニュートンは又特別ちびっこバニでしたし)
なので、ワッチョもそんなに大きくはならないだろうと思ってたんですが
予想外にグイグイ大きく~;
産まれた時は一番小さかったそうなのですが、引き渡しの時点では姉妹の中では一番大きくなってたんで
今後もわかんないですね;

大きくても小さくてもいいから、とにかく健康に丈夫に育ってくれたら言う事ありません!
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3545]

こんにちは~(⌒▽⌒) /
ビタミンDが不足ってめづらしいよね、
外にでて10分位、日光に当たれば体内にビタミンDが出来ちゃうんだけど。
食べ物摂取なら干し椎茸をすり潰し、粉にしてフードに混ぜるとかがいいかも。
最近の干し椎茸は人工乾燥が多いので、日干しするとビタミンDが増えますよ。
てっちゃんの成長期の時も、骨と筋肉の成長バランスが逢わず痛がってたな~
階段降りただけで捻挫しちゃったとか、思い出してしまいました(*^_^*)
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : @あぐ
  • URL
  • 編集

[C3549] @あぐさん

そうなんですよ。
獣医さんもまさかビタミンD欠乏症なんて……といまだに悩んでらっしゃいます;
それだけ最近ではない症状みたいですね。

干ししいたけですか!
幸い地元はシイタケの産業が盛んで、お店で天日干しのものが沢山売られてますので
早速買ってみます!

そうそう、我が家のリビングからタイル面へ降りるのにどうしても3段だけ階段をおりないといけないのですよ。
それも悪いのかもしれません。
オイタン達はタイル面が生活圏でリビングへ来る事もなかったし、リビングへ入れようとも思ってなかったので
家の設計の時階段つけちゃったんですよ。
ワッチョみたいにずーーとリビング生活するバニが生活する事を考えてなかったんですよね;
失敗した~;
  • 2011-06-05
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3557]

ドックショーに出してる方がそんな事いったんですか!!
それは成犬になってほんの少しなら時々はありかもですが、成長期の仔犬に砂利を歩かせると四肢のバランスが悪くなり、パットに傷が付きタコのようになったりします。
次男バニの兄弟はそれが元で「股間節形成不全・肘関節形成不全」になりました・・
お気づきの通り砂利を裸足で歩くのと同じで、凄く痛いのです。
元々バーニーズは山岳作業・牧畜・山岳救助をする犬種なので、パットを握らせると踏ん張りが利かなくなります。
成犬になるとある程度は握りますが、無理に握らせる事はないと思います。
踏ん張った時の足に力を入れた時、パーをして踏ん張ります。
雪山を歩く時に踏ん張る為に「こうなるのか」と思いました(^_^)
  • 2011-06-05
  • 投稿者 : ☆バニママ☆
  • URL
  • 編集

[C3562] ☆バニママ☆さん

昔お伺いした事があったんですが、私も「そうなのか~」と鵜呑みにしておりました;
ちゃんと自分で調べないといけないですね。

歴代バニのうちダックン以外は2匹とも手足の握りが硬く、ドラえもんのように真ん丸な手をしてました。
多分子犬の頃から砂利の上での生活がほとんどだったからですね;可哀相な事をしました。
ダックンの時は大部分がアスファルトと土になっていたせいか、握りは殆どなくパーになってました。
あれが正解だったのか~;

ワッチョは今どちらでもない感じです。
普通に室内にいる時はドラえもん手ですが、力がこもるとパーです。
  • 2011-06-06
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/634-ab4c765b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 ビタミンD欠乏症?  

バーニーズ絵本「ゆらり ゆらり」BPA通販部にて予約受付中!

hyoushi_20110531143843.jpg


●壱口とおる原作の犬漫画「Soul Dog」が「ジャンプSQ(スクエア)増刊雑誌「19(イチキュー)」に掲載されていますv読んでいただけたら嬉しいですv
【以下をクリックしていただければご購入可能ページへ移動します】
・Amazon.co.jp ジャンプSQ「19」6月増刊号     ・楽天ブックス ジャンプSQ「19」6月増刊号

●下記サイト様にてBPA通販部のグッズ・本を販売して頂いておりますv完売商品もこちらには在庫ありですので是非ご利用くださいv
エリン舎様「ペットにエコ」クリックで該当ページへ。



本日やっと獣医さんに診て頂いたワッチョ。
とはいえ往診ですので、触診とか歩く様子を見てとか、そういう感じです。

CIMG9354.jpg
W:ワッチョ、先生はお断りしたはずですのに……。

又又そんな顔して~;

で、先生はワッチョの歩き方を診て「うーん……」
何度も前足をつま先から付け根まで触診して「うーん……」
そして
「ワトソンにレバーを食べさせたりカルシウム剤を飲ませたりしてますか?」
と聞かれました。

お腹の弱いワッチョです;
レバーなんて食べさせたことはありません。
あるとしたら、牛と鳥を内臓も含めて丸ごと潰した冷凍生食を一時期食べさせてた事くらいかな?
でもそれも最近は控えて、基本フードと鳥ミンチ、もしくは牛豚ミンチに火を通したものを混ぜて、粉ミルクを振りかけてあげる位?
それをきいて先生は又「うーん……」

「いやでもなぁ……うーん」
と散々悩まれた揚句、再び前足を触診。

結果「ビタミンD欠乏症かなぁ……最近じゃ滅多にないんだけどねぇ」と。

それはなんぞや?;;
という事で聞いてみました所、ようはビタミンDというものが不足すると
骨が変形したりするそうで。
くる病なんかもこの類のようです。
で、我が家の環境上何か問題なる所はありますか?と伺いましたが
ビタミンD不足になるにはそれこそ、薄暗い部屋の中にずーーーーーっと閉じ込めておくとかでない限りは
日光浴不足とまでにはならないそう。
フードなども見ていただきましたが、こちらも問題なし。

という事で今現在のところ原因不明;

とりあえず、今日はビタミンD欠乏症の可能性など微塵も考えてなかったという事で、何も用意してきてないからと、先生が又明日準備して来て下さる事に;;
明日はビタミンDの注射をするそうです。

CIMG9356.jpg
W:又注射ですの?いやですーーー!

この方、注射が大嫌いです。
とはいっても、注射した瞬間やしている最中は特に反応なしなんですけども
終わった後数秒してから、今更??というタイミングで「ひゃぉん」と鳴きます;
おそっ!;;

CIMG9362.jpg
W:注射も先生も嫌です。もうワッチョ治ったですよ。

そんなわけなーい。
先生がワッチョの足に感じた違和感は、関節の太さ。
他の骨の太さに比べて、関節だけ異様に大きいんですって。
確かにそういわれてみれば、触ると関節の部分はぼっこり飛び出てますけども、こんなもんだろうと思ってました;
でも、これは普通ではなかったようです。
骨の成長と関節部分の成長スピードがあっていないために、すごく不安定なバランスなんですって。
その不安定さがあるから、関節は足を守ろうと益々太くなっていくみたいで、又又バランスが悪くなる。
そんなところへもってきてビタミンDが不足しているために骨の成長が遅く……;
色んな事がかさなって痛みが出ているみたいです。
ワッチョの関節頑張ってたんだね;

なので、今後はちょっとした事で足を痛める可能性があるので気をつけてないといけないみたい。
先日のちょっとした段差で「キャン」と鳴いたのも、そういう事から痛みが走ったみたいです。

CIMG9360.jpg

でもほんと、何が原因なんだろう。
日光浴に関しては朝、晩(時間があれば昼も)少なくても30分、多いと1時間以上庭で遊んでいるのにな。
まぁ、流石に直射日光は暑がって逃げますので日陰にいる事が多いですけども;
そんな事いったら、歴代バニだって同じ条件ですしね。

ご飯もフードジプシーをした挙句、何とかウンチが緩くなりにくい物をみつけて今それにしてますけども
先生も別にそれは悪いフードではないとおっしゃってたし。
何か原因としてあるとするならば、ワトソンの成長スピードが速すぎて、骨の形成などが追いついていないという事。
ビタミンDが不足して追いつかないほどのスピードで成長ってどんなだよ~;;
まぁでも、ほんとワッチョの成長の早さは前から言ってますけど、すごい早い;
もうすぐ6カ月ですけども、体重は27キロ~28キロ。
体高などは成犬のオスだったオイタンに追いつきそうなでかさ。
オイタンだって小さい子ではなかったですしね;

CIMG9358.jpg
W:わかりました。母さんがご飯をけちったですね!

そんな事ないです~!;

CIMG9359.jpg
W;ま、何でもいいですけどね。注射だけは勘弁ですよ。

でも、ネットで調べたら今後もビタミンD不足が続く限りは定期的に注射しないといけないっぽいよ?;
もしくは、ビタミンDを補うためのサプリを飲み続けるみたい。
あとはやっぱり日光浴かな。
明日から涼しい早朝庭散歩をもっとふやそうか。

筋肉がつきにくいのもビタミンD不足からくるみたいだし、ワッチョ母さんと頑張ろうね!
直射日光も頑張ろう!
長時間は怖いから、短い時間で回数を増やして。
暑い暑いって逃げちゃダメだからな~;
頑張るぞ~;

とりあえずは、そういう簡単な所から始めます!


壱口とおる(旧:藤井克己)&秀狼のイラスト・漫画サイトが出来ましたv
バナー4

【お仕事随時募集中】
カット、イラスト、デザイン、漫画お仕事募集しております。
過去の作品については下記に掲載しております。
http://profile.ameba.jp/bla-blog/
▲得意ジャンル▲
・ペット系(犬猫漫画他、経験あり)
・少年誌系(連載経験あり)
その他ジャンル問わず、同人誌のイラスト、漫画などもお引き受けできますので、お気軽にご連絡いただけたらと思います。

ご連絡はこちらまで  fuzii0129[あっと]gmail.com
(お手数おかけいたしますが[あっと]を@にしてご連絡ください)

BeastProtectionArea BPA通販部
フルカラーメモ帳、バニクリアファイル、犬絵本、バニ漫画、肖像画制作などなど色んなグッズ販売中v

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
人気ブログランキングへ
宜しければ、ランキングバナーやブログ村バナーをぽちっとお願いいたしますv

スポンサーサイト

14件のコメント

[C3534] 今晩は

余計なお世話かもですが、砂利は足に悪くパットや関節を痛める事が多いです・・
特に成長期には歩かせてはいけないと長男バニの時に教えて貰いました。
三男バニひー君は今5ヶ月で30kgあり、成長スピードに驚いています。
健やかに成長して貰いたいです(^_~)
  • 2011-06-03
  • 投稿者 : ☆バニママ☆
  • URL
  • 編集

[C3535] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-03
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3536] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-04
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3537] 以前コメントした

www.p-well.com/health/clinic/dog/dog-kokansetsu3.html

↑見てみてください。
今朝ブログを見させてもらい、驚いて取り急ぎコメントさせていただきます。前回お腹ゆるゆるの時コメントしたものです。

今の時代はくる病はほとんど少なくて、昔からの獣医さんがくる病と誤診してしまうこともあるそうです。

あり得るとしたら、関節ネズミの前というか、「骨軟骨症」じゃないですかね?(くる病とは逆で、カルシウムを摂取しすぎて、軟骨が分厚くなる病気です。大型犬は断然こっちが多いですよ)
くる病の注射をする前に、レントゲンを撮ったほうがいいですよ!

今の時代、くる病は家に閉じ込めて味噌汁ぶっかけご飯とかをあげない限りめったにないと思いますけど・・・^^;

いつも病気の時だけコメントしてすいません<(_ _)>あと、ずけずけ書いてすいません。
ワトソンくんはまだまだ若いので、一応出身犬舎さんに相談されてはどうでしょうか?
個人的にくる病は・・・ドッグフードを食べていればならないと思いますけど、私より犬舎さんのほうが詳しいと思います。

関節ネズミとか、大型犬はこっちのほうが多いと思います。どちらかというとですけど。
急いで書いたので、配慮に欠ける内容でしたらすいません<(_ _)>

なんにしても、ワトソンくんの痛い痛いが飛んでくれるといいですね。
(このコメント、問題あったら消去してかまいませんので<(_ _)>)
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 通りすがりのバニ飼い主
  • URL
  • 編集

[C3539] ☆バニママ☆さん

そうなんですね;;知りませんでした~;;
以前ショーをやっている方々から
「足の強化と握りをよくするために砂利の上で運動させるのがいい」
と聞いていたので、てっきりそうなんだと思ってました;
でもね、よく考えたらそうかも。
人間だって素足で砂利の上を歩いたら痛いですものね;

ただ、我が家のあの砂利スペースは駐車場兼なもので撤去が出来ないんですよ(おまけに砂利スペースの4分の三はお隣の敷地なので我が家に砂利撤去の権限がない;)
とりあえず、砂利の上をなるべく歩かせないようにして
砂利向こうのアスファルトの共有スペースと、我が家の芝生スペースで遊ばせるようにします~;
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3540] Gさん

やはり大型犬の子犬は皆さん通る道なのですね;
我が家の歴代バニ達は幸いにもどの子もそういう事がなかったのワッチョが今回初めてなのです。

今後は色々対対策を練っていこうと考えていますが
サプリがどんなものが良くてダメかなかなか;;
グルコサミンはオイタンがお年寄りになってから飲んでいたので
ちょっと獣医さんに確認してOKが出たらためしてみますね~v

貴重な情報有難うございますv
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3541] Tさん

あ~、まるっきりワッチョと一緒ですね~。
大型の子犬にはやはりそういう子が多いんですね。
まぁ、たった数カ月で何倍もの大きさになるんですものね。
骨なども勿論、内臓なども同じように育つとは限らないのかもしれません。
いつか大人になって「あぁ、こんな時もあったなぁ」と笑って話せる日がくるといいですねぇ;

ワッチョは女の子だから大きくはならないだろうなんて考えてましたけど
なんだか毎日むくむく大きくなって、このままいくとダックンに続くビックバニになるんではと思っております;
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3542] 通りすがりのバニさん

いつも貴重な情報有難うございます。

私も昨日は何だかプチパニックだったので、ちゃんとブログがかけてなかったかもしれません~;

ワッチョを見た獣医さんが心配してくださったのは
ワッチョがカルシウムを摂取しすぎているんではないかという事です。
カルシウムを摂取しすぎると、通りすがりのバニさんが教えてくださったサイトに書かれている通り
軟骨が大きくなりすぎてしまう事があって、それが原因で病気になってしまうんだそうで。
今回ワッチョの関節が他の骨に比べて大きくなってしまっているのは、そういうカルシウムの過剰摂取ではないかと心配されたんです。
が、当然我が家もその辺は承知しておりましたので特別にカルシウム剤を与えたり、カルシウムを摂取するような食材も与えていません;

そこで他の要因としてあがったのは、日光浴不足。
これはクル病などの原因にもなるのですが、我が家はブログでも書いたとおり朝晩約1時間ほど庭で遊んでおりますので、先生もそれなら大丈夫なはず……と;
ということで、今現在原因不明なのです;;
(ちなみに今日注射するのはカルシウムではなくビタミンDです)

私もイマイチよくわかっておらず、昨日もビタミンD欠乏症に関して色々調べてみたのですが
どこも同じ内容しか書いておらず、やはり解決策としては日光浴とビタミンDの補給(注射やサプリなど)しかないようです。

一応昨日犬舎さんにもお電話し、ビタミンD症候群かもしれないというご報告をさせていただき
犬舎さんでもそれについて形成専門の獣医さんにもお話を伺って下さるという事になりました。

沢山の方に心配していただいておりますワッチョはといいますと
本人はいたって元気でケロリとしたもの;
ただ、リビングからタイルスペースへ降りるには、どうしても3段の階段をおりなければならないのですが
そこはちょっと躊躇しています(今までは飛び降りる勢いだったんですけども;)
今まではその階段は元々滑り止めが塗ってあったので、滑るという事もなくそのままにしていたのですが
流石に今回の事で、滑り止めワックスの上に更に滑り止めシートをしいて対策しました。
今のワッチョの足の状態では些細な事が骨折などになる事もあるそうなので;

これからは今まで以上に気をつけてあげなければと思っています。

いつもいつも本当にご心配いただき、有難うございます!
私一人ではなかなか対応しきれなかったり、情報を集めきれなかったりするので
本当に助かります。
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3543] くる病でなくて安心

バーニーズは骨軟骨症というか・・・「離断性骨軟骨症」とか関節ネズミが比較的多いので、犬舎さんもいろいろと調べてくれると思うので、なにか分かるといいですね。

日光浴が原因・・・ではないと思うのですが^^;
1日中日が当らない部屋に閉じ込めておかない限り、室内にいても光は届くと思います^^;

Peppyの病気の欄に「ビタミンD不足は慢性的な下痢が続くことで起こりますが、バランスの良い食生活をしている動物ではビタミンDが不足することはまずありません」とありました。
この文章自体曖昧なので参考になるか分かりませんが、ワトソンちゃんはうんちがゆるゆるの時があるので、関係しているのかな?
でも、素人の憶測だとやはり分からないですよね。犬舎さんの調べた結果、なにか分かるといいのですが。

女の子だったんですか!?すいません<(_ _)>
あまりにも大きいので、男の子かと・・・
もともと「大きくならないだろう」という骨格の子が、ブリーダーさんも首をかしげるほどに足がぐんぐん伸びる場合があって、そうすると骨のトラブルやらが出てきてしまうんですよね。
成長に追い付けなくって、体が悲鳴をあげているのかもしれません。(だって、ワトソンちゃん大きいんですもの!いやいや、大きいですよ・・・女の子の中では、さらに大きいと思います)

それでは、とても大変な時期かと思いますが、原因だけでも分かると対策もできるので、1日でも早く分かるといいのですが・・・。
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 通りすがりのバニ飼い主
  • URL
  • 編集

[C3544] 通りすがりのバニさん

そうなんです;
犬舎さんには毎回毎回ご迷惑をおかけしてばかりです;

我が家はオイタン達が暑がらないように、あえてあまり日当たりのいい家にはしてないんですけども
それでも全く日の光が入らないというわけではないんですけどね;
獣医さんもワッチョの生活圏は見て知っているので、「そんなわけないんだけどなぁ」と首を捻ってました;

そうそう!
私もそこが気になったんですよ。
慢性下痢の部分がワッチョはそのままあてはまるので、もしビタミンDに注射でお腹が改善されたら
それはそれでいいなぁと。
そこも今日先生に伺ってみようと思っています。

あ、ワッチョ女の子です(笑)
名前のせいでまず皆さん男の子だと思われてます。
外で会う人にも名前を聞かれて答えると「あら~、ワトソン君ていうの~v」となでくりしてくださるので
最近は面倒くさくなって訂正してません(酷)
なので、結構ワッチョを男の子だと思っている人近所でも多いのではないかと(笑)

我が家は初代のニュートン以外は男の子ばかりでしたので
女の子は小さいというイメージがあったんです(ニュートンは又特別ちびっこバニでしたし)
なので、ワッチョもそんなに大きくはならないだろうと思ってたんですが
予想外にグイグイ大きく~;
産まれた時は一番小さかったそうなのですが、引き渡しの時点では姉妹の中では一番大きくなってたんで
今後もわかんないですね;

大きくても小さくてもいいから、とにかく健康に丈夫に育ってくれたら言う事ありません!
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3545]

こんにちは~(⌒▽⌒) /
ビタミンDが不足ってめづらしいよね、
外にでて10分位、日光に当たれば体内にビタミンDが出来ちゃうんだけど。
食べ物摂取なら干し椎茸をすり潰し、粉にしてフードに混ぜるとかがいいかも。
最近の干し椎茸は人工乾燥が多いので、日干しするとビタミンDが増えますよ。
てっちゃんの成長期の時も、骨と筋肉の成長バランスが逢わず痛がってたな~
階段降りただけで捻挫しちゃったとか、思い出してしまいました(*^_^*)
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : @あぐ
  • URL
  • 編集

[C3549] @あぐさん

そうなんですよ。
獣医さんもまさかビタミンD欠乏症なんて……といまだに悩んでらっしゃいます;
それだけ最近ではない症状みたいですね。

干ししいたけですか!
幸い地元はシイタケの産業が盛んで、お店で天日干しのものが沢山売られてますので
早速買ってみます!

そうそう、我が家のリビングからタイル面へ降りるのにどうしても3段だけ階段をおりないといけないのですよ。
それも悪いのかもしれません。
オイタン達はタイル面が生活圏でリビングへ来る事もなかったし、リビングへ入れようとも思ってなかったので
家の設計の時階段つけちゃったんですよ。
ワッチョみたいにずーーとリビング生活するバニが生活する事を考えてなかったんですよね;
失敗した~;
  • 2011-06-05
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3557]

ドックショーに出してる方がそんな事いったんですか!!
それは成犬になってほんの少しなら時々はありかもですが、成長期の仔犬に砂利を歩かせると四肢のバランスが悪くなり、パットに傷が付きタコのようになったりします。
次男バニの兄弟はそれが元で「股間節形成不全・肘関節形成不全」になりました・・
お気づきの通り砂利を裸足で歩くのと同じで、凄く痛いのです。
元々バーニーズは山岳作業・牧畜・山岳救助をする犬種なので、パットを握らせると踏ん張りが利かなくなります。
成犬になるとある程度は握りますが、無理に握らせる事はないと思います。
踏ん張った時の足に力を入れた時、パーをして踏ん張ります。
雪山を歩く時に踏ん張る為に「こうなるのか」と思いました(^_^)
  • 2011-06-05
  • 投稿者 : ☆バニママ☆
  • URL
  • 編集

[C3562] ☆バニママ☆さん

昔お伺いした事があったんですが、私も「そうなのか~」と鵜呑みにしておりました;
ちゃんと自分で調べないといけないですね。

歴代バニのうちダックン以外は2匹とも手足の握りが硬く、ドラえもんのように真ん丸な手をしてました。
多分子犬の頃から砂利の上での生活がほとんどだったからですね;可哀相な事をしました。
ダックンの時は大部分がアスファルトと土になっていたせいか、握りは殆どなくパーになってました。
あれが正解だったのか~;

ワッチョは今どちらでもない感じです。
普通に室内にいる時はドラえもん手ですが、力がこもるとパーです。
  • 2011-06-06
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/634-ab4c765b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。