Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3607] はじめまして

我が家の愛犬(バーニーズ)は名のあるブリーダーさんから家族に迎えました。
優しい賢い仔で、彼の生涯(子供や孫までも)自然に任せて共に生きようと誓い迎えました。
いろんなバーニーズの飼い主さんから股関節の甘さ?緩さについてご指摘を受けましたが、掛かり付けの獣医師からの問題ナシの言葉を信じてました。
数ヶ月後にやはり不安を覚えて紹介された病院で数万にわたる検査をうけ、股関節の不具合があり年齢とともに悪化してしまうと診断されました。
股関節の疾患を遺伝させないためにもと去勢手術をうけて数年後に、愛犬には股関節の疾患はなく成長期の一時的な痛みと不快感だけだど新たに診断が覆されました。
無責任な思いから繁殖を考えていたのではなく家族の一員である彼にも自然の流れで伴侶をと考えてました。
我が家の主治医の獣医師は先代の猫からお世話になってあり、信頼しておりましたが私のふがいなさと不安から必要のない手術を愛犬にさせてしまいました。
飼い主として試される時(命を預かっているので判断を委ねられる瞬間)に、私は躊躇してまた疑うことなく体に傷と痛みを与えてしまい後悔の毎日です。

ワトソンくんの診断がたくさんの医師との連携で正しくより彼女に負担なく、安全でありますように祈っております。
  • 2011-06-18
  • 投稿者 : 太郎の父親
  • URL
  • 編集

[C3608] 結果

初めて聞く病名ですね。
本格的に検査してもらって良かった。
しかも連携プレーのようにディスカッションしてくださるなんて助かりますね。
ワッチョさんも難しい病気のようですが、いろいろ治療法もあるようですし血液検査の結果次第かも知れませんが、わからないままより遥かにいいですよね。
それにしてもいろんな病気があるものですね。
頼れそうな先生方に診ていただいて本当に良かった。
頑張れワッチョさん。先生もお疲れ様でした。
  • 2011-06-19
  • 投稿者 : AKKO
  • URL
  • 編集

[C3613] 太郎の父親さん

難しい問題ですよね。
愛情は注いで、色々気にかけたり勉強しても、所詮飼い主は素人ですから獣医さんの言葉を信じてお力にすがるしかありません。
特に、股関節の問題など、大型犬には一生の事になる重篤な疾患となれば、どうしても焦ってしまいますし、出来るだけ早く処置をして治してあげたいと思いますよね。

今回私もワトソンの足に関して犬舎さんに相談していなければ、今の獣医さんに出会う事もなく
存在すら知らなかったと思います。
かかりつけの獣医さんがどうとか、そういう事ではなく(かかりつけの獣医さんも一生懸命対応してくれましたし)こればかりは本当に運やタイミング、出会いなどなどそういうものにかかっているような気もします。
それで飼い主がどんな判断をくだしたとしても、きっと犬達はそれを受け入れ頑張ってくれる、だからこそ愛しい存在であり、大切な存在なのでしょうね。

ワトソンの足に関しても、今回色んな方が色んな情報をくださり、色んなアドバイスをくださいます。
その一つ一つは、ワトソンを思って下さる皆さんの気持ち、大事に大事にしていきたいと思っています。
  • 2011-06-19
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3614] AKKOさん

私も初めて聞きました。
帰宅後早速ネットで検索したんですが、何だか重篤な疾患で、今後色々気をつけていかなくてはいけないような事が書いてあるので非常にびびっております;
その割には獣医さんは、そこまで深刻なお話はされていなかったのですよ;

まだ確定ではないので、もし確定したら色々又改めてお話があるのかもしれませんが
何にせよ、とにかく沢山の方がワッチョの事を考えてくださって、本当に本当に有難いと思っております。
私一人ではきっとこの病名になえ辿りつけなかったでしょう;

ワッチョも様子を見る限り特に元気がないとか食欲がないとかそういう事もないので、逆に安静にさせるのが大変なくらいですし;
又一週間ドキドキしながら結果を待とうと思います。
  • 2011-06-19
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/649-271a1cbf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 肥大性骨異栄養症  

バーニーズ絵本「ゆらり ゆらり」BPA通販部にて予約受付、20日月曜日〆切です。

hyoushi_20110531143843.jpg

●下記サイト様にてBPA通販部のグッズ・本を販売して頂いておりますv完売商品もこちらには在庫ありですので是非ご利用くださいv
エリン舎様「ペットにエコ」クリックで該当ページへ。



先程獣医さんから帰宅しました~。
いやいや遠かった。
でも思ったほどではなかったかな?
3時間はかかるかなと思っていたのですが、早朝で道路が混んでいなかった事も幸いしてか2時間程で到着。

すごく綺麗でお洒落な病院にまずびっくり~。
スタッフさんの明るさと感じの良さに更にびっくり~(以前似たタイプの病院へ伺った事があったんですが、とにかく事務的でスタッフも先生も犬に何か見向きもしない、犬が嫌がって顔をそむけただけで怒るような病院だったので、最初ちょっとドキドキしてたんですけどね;)

で、問診票に色々記入し(その間ワッチョはスタッフの男性にいい子いい子してもらってご満悦/笑)、その後すぐに診察に。

まずすごーーーく丁寧に、細かくお話をしました。
こちらがいい忘れそうな細かい事も聞いてくださったので助かりました。
で、熱を計ってみたら39.5度。
ちょっと熱っぽいなぁとお話をしながら、食欲の有無なども聞かれましたが、食欲に関しては旺盛。
ただ食べない日があるのは偏食だと思いますと報告(オヤツや人間が食べる物には目キラキラ涎ダラダラですからね)

その後は今日やる診察の行程を説明して頂いてからお預け(診察内容:血液検査(病院内での検査と外注するもの)レントゲン、歩行診断、触診、検便)

結局1時間程で検査は終了したそうでお電話を頂きましたが、丁度病院もお昼なので1時過ぎにお迎えに。
それから一時間、じっくり丁寧に色々説明していただきました。

最初に先生が可能性としてあげていた病名が

「肘関節形成不全」3種(この中には離断性骨軟骨症もはいっています)
「汎骨炎」


が、レントゲンを撮影し診た結果

「肥大性骨異栄養症」の可能性が一番高いという結果になりました。

それはなんぞや;
ワッチョの足がおかしくなってから、色んな病名が出てきてもう何が何やら;

とりあえず細かい説明は長くなるので、是非検索をば;
ようするに、外科的に何か出来るわけではないし、原因も今の所不明なんだそうです。
ただ、最近の研究でウィルス性などの可能性も出てきているのだそうですが、それもはっきりはしないんですって。
あと自己免疫系の病気でもあるらしく、ワッチョのようにお腹がずっとユルユルなのも症状の一つなんだとか(肥大性骨異栄養症の場合、腸炎を併発するらしいです)
又関節の脹れ(これはかかりつけの先生も関節の腫れと、骨の肥大が気になるとおっしゃっておりました)、発熱なども症状の一つ。
ワッチョの今の症状をまとめると、この病名が出てくるみたいですね。

私も帰宅してから色々検索してみましたが、なんだか恐ろしい事ばっか書いてあってビビります;
でも、先生によれば肘関節形成不全だったら大変だったけど、こっちでまだ良かったかなとおっしゃってたんですけどね;
治療法としては、当面は痛みどめを飲みながら安静にして様子をみていくしかないみたいです(結局ここか;)
成長とともに改善されるのを待つみたいですね。
とはいえ、まだこれだと決定した訳でもないので(外へ検査に出した血液検査結果が来週戻る頃にもう一度お伺いする予定)一週間後までに、この病院をご紹介くださった愛知の病院の先生とレントゲンを見ながらのディスカッションをしてくださるそうです。

そんでそんで;
今回問題だったのはワッチョに飲ませる痛みどめ。

●ステロイド系●
肥大性骨異栄養症だった場合、お腹のゆるゆるも骨の方も一気に改善される可能性があるが、長期にわたる投与は副作用の問題がある。
(又、現段階では肥大性骨異栄養症と確定した訳ではないので、使っていいものか先生的にも悩みどころのようです)

●非ステロイド系●
普通の子でも下痢などの副作用があるため、ワッチョには無理っぽい;先生的には痛み止め効果よりも、下痢が続く方が問題だと思うという事で、現段階ではあまり使いたくない。

●抗生物質●
即効性はないけれど、一番無難。

という事で、ひとまず1週間抗生物質で様子を見る事になりました。
もしこれで少しでも症状が改善されるなら、今後も暫く抗生物質を使用する事になるみたいです。

あとはまぁ、お腹のゆるゆると骨の問題が別問題の可能性だってあるので、今回血液検査を外に出すという事でした。
そこで膵外分泌不全などの結果が出れば、消化酵素を飲ませたりという治療が必要になるようです。


……全部かけたかな?;;
ちょっと私もイマイチ全てを理解しているわけではないので、これからもっと勉強します。

そうそう、今回パソコンでレントゲンのデータを拝見したのですが、これが又素晴らしく鮮明に綺麗に見えてびっくり;
で、以前かかりつけの先生が指摘して下さった問題3つはやはり今回の先生も目にとまったようでした。
でも、こちらも結局様子を見る以外にないみたいです。


それにしても、今回も前回も、どちらの先生も首をかしげるのがワッチョが触診で痛みの反応を見せない事;
両先生とも「痛みがあるはずなんだけどな~;」と。
かなり色々触ってみたり弄ってみたりしたそうですが、ワッチョ無反応。
唯一右肘をグリッとやった時にぴくっと動いたのでそれくらいかな~とおっしゃっておりました。
我慢強いのか、本当に痛みを感じていなのか、単に鈍いのか;
わからーーん;

まぁ、ほんと当分は気をつけて様子を見ます。

本人はほんとにケロッとしてるんですけどね。
病院でも甘ったれっぷりを発揮して、スタッフさんや先生に笑われました;(膝に乗っかろうとしたり、お座りして顔を横に倒して私の膝に置いて甘えたり(家ではほとんどしないんですけど、外ではすごい甘ったれなんですよ;)

そういえば、スタッフさんや先生を見ても普通にしてたのも驚きでしたが、さて次はどうかな;
次は「あ、あの人達はワッチョに嫌な事したです!」と逃げ回るのか;

ちなみに、ワッチョってばウンコタレは卒業したようです(笑)
無事ウンチョ漏らさず帰宅しました。

CIMG9609.jpg
W:ワッチョ、ウンコタレ違うです!

はぁ~;;長々と書きましたが、何だかまとまってないような;

CIMG9592.jpg
CIMG9593.jpg
(帰宅早々毛をむしられるワッチョ;)

CIMG9591.jpg
CIMG9594.jpg
CIMG9595.jpg
CIMG9596.jpg
W:もー、雀女ねーちゃんウザいですよ!

CIMG9606.jpg
CIMG9599.jpg
CIMG9602.jpg
CIMG9603.jpg
W:ワッチョ最近お尻が涼しいですよ;きっと禿げてるです!

いやほんと、シャレにならない位抜かれた毛が、タイル面にフワフワ;

CIMG9605.jpg
W:ちょ……ちょっと……

CIMG9604.jpg
W:雀女ねーちゃん、これは新手の嫌がらせという奴ですか?臭いですよ;


壱口とおる(旧:藤井克己)&秀狼のイラスト・漫画サイトが出来ましたv
バナー4

【お仕事随時募集中】
カット、イラスト、デザイン、漫画お仕事募集しております。
過去の作品については下記に掲載しております。
http://profile.ameba.jp/bla-blog/
▲得意ジャンル▲
・ペット系(犬猫漫画他、経験あり)
・少年誌系(連載経験あり)
その他ジャンル問わず、同人誌のイラスト、漫画などもお引き受けできますので、お気軽にご連絡いただけたらと思います。

ご連絡はこちらまで  fuzii0129[あっと]gmail.com
(お手数おかけいたしますが[あっと]を@にしてご連絡ください)

BeastProtectionArea BPA通販部
フルカラーメモ帳、バニクリアファイル、犬絵本、バニ漫画、肖像画制作などなど色んなグッズ販売中v

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
人気ブログランキングへ
宜しければ、ランキングバナーやブログ村バナーをぽちっとお願いいたしますv

スポンサーサイト

4件のコメント

[C3607] はじめまして

我が家の愛犬(バーニーズ)は名のあるブリーダーさんから家族に迎えました。
優しい賢い仔で、彼の生涯(子供や孫までも)自然に任せて共に生きようと誓い迎えました。
いろんなバーニーズの飼い主さんから股関節の甘さ?緩さについてご指摘を受けましたが、掛かり付けの獣医師からの問題ナシの言葉を信じてました。
数ヶ月後にやはり不安を覚えて紹介された病院で数万にわたる検査をうけ、股関節の不具合があり年齢とともに悪化してしまうと診断されました。
股関節の疾患を遺伝させないためにもと去勢手術をうけて数年後に、愛犬には股関節の疾患はなく成長期の一時的な痛みと不快感だけだど新たに診断が覆されました。
無責任な思いから繁殖を考えていたのではなく家族の一員である彼にも自然の流れで伴侶をと考えてました。
我が家の主治医の獣医師は先代の猫からお世話になってあり、信頼しておりましたが私のふがいなさと不安から必要のない手術を愛犬にさせてしまいました。
飼い主として試される時(命を預かっているので判断を委ねられる瞬間)に、私は躊躇してまた疑うことなく体に傷と痛みを与えてしまい後悔の毎日です。

ワトソンくんの診断がたくさんの医師との連携で正しくより彼女に負担なく、安全でありますように祈っております。
  • 2011-06-18
  • 投稿者 : 太郎の父親
  • URL
  • 編集

[C3608] 結果

初めて聞く病名ですね。
本格的に検査してもらって良かった。
しかも連携プレーのようにディスカッションしてくださるなんて助かりますね。
ワッチョさんも難しい病気のようですが、いろいろ治療法もあるようですし血液検査の結果次第かも知れませんが、わからないままより遥かにいいですよね。
それにしてもいろんな病気があるものですね。
頼れそうな先生方に診ていただいて本当に良かった。
頑張れワッチョさん。先生もお疲れ様でした。
  • 2011-06-19
  • 投稿者 : AKKO
  • URL
  • 編集

[C3613] 太郎の父親さん

難しい問題ですよね。
愛情は注いで、色々気にかけたり勉強しても、所詮飼い主は素人ですから獣医さんの言葉を信じてお力にすがるしかありません。
特に、股関節の問題など、大型犬には一生の事になる重篤な疾患となれば、どうしても焦ってしまいますし、出来るだけ早く処置をして治してあげたいと思いますよね。

今回私もワトソンの足に関して犬舎さんに相談していなければ、今の獣医さんに出会う事もなく
存在すら知らなかったと思います。
かかりつけの獣医さんがどうとか、そういう事ではなく(かかりつけの獣医さんも一生懸命対応してくれましたし)こればかりは本当に運やタイミング、出会いなどなどそういうものにかかっているような気もします。
それで飼い主がどんな判断をくだしたとしても、きっと犬達はそれを受け入れ頑張ってくれる、だからこそ愛しい存在であり、大切な存在なのでしょうね。

ワトソンの足に関しても、今回色んな方が色んな情報をくださり、色んなアドバイスをくださいます。
その一つ一つは、ワトソンを思って下さる皆さんの気持ち、大事に大事にしていきたいと思っています。
  • 2011-06-19
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

[C3614] AKKOさん

私も初めて聞きました。
帰宅後早速ネットで検索したんですが、何だか重篤な疾患で、今後色々気をつけていかなくてはいけないような事が書いてあるので非常にびびっております;
その割には獣医さんは、そこまで深刻なお話はされていなかったのですよ;

まだ確定ではないので、もし確定したら色々又改めてお話があるのかもしれませんが
何にせよ、とにかく沢山の方がワッチョの事を考えてくださって、本当に本当に有難いと思っております。
私一人ではきっとこの病名になえ辿りつけなかったでしょう;

ワッチョも様子を見る限り特に元気がないとか食欲がないとかそういう事もないので、逆に安静にさせるのが大変なくらいですし;
又一週間ドキドキしながら結果を待とうと思います。
  • 2011-06-19
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/649-271a1cbf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。