Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C239]

ショップなどで、たまに見ますね~。
ブルーアイだったり、異常にサイズが小さすぎたり、わざと狙って作られたであろうカラーであったり・・。
あまり犬に対しての知識がなかったら、目の前のワンコの可愛さと”希少犬!”という文句に、価値を感じて、それを良いこと、凄いことと感じてしまう人が多いんでしょうね・・。
長年の経験や勉強のもとでも、障害がでたり、異常がででしまったりするのに・・儲け主義だけの繁殖は本当にやめてほしいですよね<`ヘ´>

ベティも昔はよく言われました・・。
ハスキーとの雑種ですか?とか、かっこいい目ですね、どこで買ったんですか?とか・・。まぁあまり気にしたことはありませんが・・。

バイアイだと、両方の表情が違って見えておもしろいですよね。
あの寝起きの時の、耳のふちの毛がボサボサに立ち上がっている姿・・そして青目だから、「ビックリした~」みたいな表情に見えるんですよね。その瞬間たまらなく可愛いというか面白いというか・・。

あ、実はミックは障害というか・・片耳がなくて、後ろの両足の指が全部ありません。
人間がにぎりこぶしで歩いてるようなものです。毛もふさふさしてますし、本人は全くそれが普通なので・・普段の生活に全く支障はないですが・・。
というより、運動神経がかなりいいです(^-^)
ボーダーなみにフライングキャッチやダッシュが得意です!
通り行く人に、耳が無いの?と、えっ?!って顔で見られる事もしばしばですが・・この子も立派な犬ですと、なによりも大きな一つの命には変わりない!って思っています。
たまたま出会って我が家に来たけれど、連れてきてなかったら・・この子は先が無かったかもしれないと思うと、本当に人間ってどこまで勝手なんだろうと・・何とも言えない気持ちになりますね。
不幸なワンコが少しでも減ってくれたらいいですね。

長くなって、すみませーん。

[C241]

以前近所のホームセンターでバニの子犬が4匹売られていたのですが、そのうち二匹がブルーアイでした。
しかも、他の二匹よりかなり高い金額。
うわ~と思ってみていると、店員さんがやってきて「珍しいでしょう?青い目のバーニーズは珍しいんですよ。どうですか?」とすすめられてしまいました;
ちょっと意地悪ではあったけど「そうなんですか?うちにもバーニーズいますけど、ブリーダーさんから聞いた話ではブルーアイは障害が出ることが多いといいますけど、違うんですか?」と聞いたら「大丈夫ですよ~。そんな事全然ないですよ!」とにこやかに返されました;;

本当に知らないのか、とぼけているのか;;どっちにしても何だかなぁ……と。

バイアイは確かに両方の側面からみるとまるで二匹のバニを飼っているような感じになりますね(笑)
ブルーアイのほうは本当にいつも「びっくり目」
でも、結構怖がられます;;

ミック君にとって、いい家族に恵まれた事は本当に幸運でしたね!
障害があるからといって、摘んでいい命はないはず。
皆平等に幸せになる権利を持っているはずなのに、現実は悲しいかな……。
ミック君、本当によかったねぇ(しみじみ)



  • 2008-09-12
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C246]

去年伺ったバーニーズの犬舎さんから聞いた話なんですが、そこでも一度バイアイが出たことがあって、びっくりしていろいろ調べたそうなんですが、その際、アメリカの方から、「バイアイは「幸せの印」ってとらえられて、とても愛されてる存在でショックを受けることではない」と言われたそうです。
藤井さんのblogを読んでいて、この事を思い出しました。
ここの犬舎さんの、バイアイのコはその後、縁のあった家族の元にいったのだそうです。

ペットのブリードを「商売」ととらえると、どうしても儲かる方向に向かってしまう(ペット関係ばかりじゃないですよね。最近の事故米のことなども、みんな「利益追求」「金至上主義」にのみ眼を向けた結果に感じます。その前に「自分が扱ってるのはどういうものなのか?」を考えるべき…と思うんですけど…)のは判るんですが、どうしても違和感を感じてしまいますね。。
意図的ではなく、神の采配があるからこそ、バイアイが「幸せの印」になるんだろうな、なんて思います。

エジソンくんと妹ちゃんも、「幸せの印」なんですよ!きっと♪
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : たかやん
  • URL
  • 編集

[C247]

タイでもバイアイのこは、犬でも猫でも幸運の印として高値で取引されるそうです。

ヨーロッパでは金銀妖眼(オッドアイ)の猫などを嫌う傾向が有るのは事実ですが、そもそも猫自体を悪魔の使いとして迫害する文化があり、結果的に猫の減少で度重なるペストの流行を招いた暗黒史が有るのですから。

遺伝的な問題は飼い主それぞれが考えることですが、目くじらを立てて他人の家の子を攻撃する人間は不愉快ですね。
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : 土岐正造
  • URL
  • 編集

[C248]

●たかやんさん●
バイアイは「幸せの印」、バイアイのバニ飼いにとってはとても嬉しい言葉ですvv

バイアイがどういう理由でどういう因子をもって生まれてくるのか素人の藤井にはわかりませんが、産まれて来た子を「生まれてはいけない物。存在してはいけない物」と言われると流石に凹みますから;;

上記でも書いたとおり、バイアイの子に障害が出やすいのは確からしいので、それを意図的に交配し増やし、レアだといって高く売る。
そういった商売に走るのはいけない事だとは思っています。
ただ、今現在生まれていて、そこに存在している子達に罪はなく、又その子達をわが子のように可愛がっているオーナーさん達にそういう言い方をするのはいかがなものかと思います。

バーニーズの将来を考えて、勉強と努力を重ねてブリーディングされている方からみたら「生まれてはいけない物」と思われる事もあるかもしれないけれど、その後ブルーアイの子は繁殖しない。ただ、ペットとして家族として生活し犬生を終わるまで幸せに生きる権利はその子達にもあるんだと思ってもらえたらいいなぁと思います。

たかやんさん本当に「幸せの印」のお話ありがとうございますv

●土岐さん●
正直どんな姿に生まれようとも、どんな特徴をもっていようとも、この世に生を受けたからには皆幸せになる権利があると藤井は思っています。
バイアイがどうのオッドアイがどうのなんて人間が勝手に決めた思い込んでいる迷信だったり、都合だったりするわけですから。

ただ、今犬を生業とする方達には、生まれてくる子達に責任は持って欲しい。
股関節形成不全などが代表的ではありますが、遺伝的な勉強をすれば防げる病気などは、できれば防いで欲しい。
生まれてくる子犬達が、その後出会うオーナーさんたちと、幸せに暮らしていけるよう努力して欲しいとは思います。

過去、エジソンを「悪い物」と捕らえた方々達の発行する「バーニーズとは」といった趣旨のの冊子を見た方のお話では
「個人所有のペットとして可愛がられているバニ達の写真を掲載し「こういうバニは悪い例です」と、その方達が「良いもの」とするバニの写真と並べて比較をしていた」
とのこと。

ブリーダーさんが自宅で繁殖された子のなかで「ショータイプ」「ペットタイプ」にわけて、なぜこの子がショータイプではないか。スタンダードにはちょっとここが物足りない……的な事を書かれたり言ったりするのは、もうかまわないと思ってます(いや、正直言うとそれもなんだか……とは思いますが、あくまでスタンダードを追及されているわけですからそれは致し方ないことなのかなと)
しかし、個人の方が最愛の家族として迎えている子、生活している子を引き合いに出して「ここが悪い、ここは違う」と否定するのは……。
可愛いわが子をそうされたオーナーさん家族の気持ちは考えないのかなと。

まぁ、あれですね;;
これも個々の考え方。
藤井の考え方がウェットすぎるのかもしれませんが;
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C540] はじめまして

はじめまして。
某ペット宿で働いているのですが、
先日、ブルーアイのバーニーズが来ましたよ。
健康上の問題も無く、元気な子でした。
飼い主さんも、ブルーアイであることを誇りに思っているようでした。

私は個人的に爬虫類を飼っていますが、
爬虫類の世界では、他と違った遺伝形質を持っている子は大変貴重で、
むしろ喜ばしい事です。

種の保存といった観点からは問題があるのかもしれませんが、
愛するペットの子供が産まれる事の喜びは、
何物にも変えられないと思います。

周囲の意見に左右されること無く、胸を張って自慢してみてはいかがですか~?
  • 2008-11-19
  • 投稿者 : ナギサ♂
  • URL
  • 編集

[C541] ナギサさん

コメントありがとうございますv

ブルーアイのバニちゃんは少ないですが、最近は以前よりもみかける率が高くなりました。
乱繁殖によるものでなく、先祖がえりてきなものだったら本当に問題ないと思うのですが、万が一乱繁殖で何かしら遺伝的な問題を抱えているとしたら素直には喜べない思いです。
ナギサさんがお会いになったバニちゃんは何も問題がないということで、本当に嬉しいかぎり!

我が家のエジソンはブルーアイも個性と思いますし、大事な大事な自慢の家族ですv
  • 2008-11-19
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/78-8d95cad0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 ブルーアイのバーニーズについて  

雀女の耳がたまらなく好きですv
長く垂れ耳犬を飼っていると、この立ち耳がずごい違和感だったのですけども(笑)
なんだか触り心地がたまらん感じですv
こんな柔らかい物が、なんでこんなにピンと立ってるんだろう?と不思議にもなったり。

3259.jpg

幸い雀女さんはどこを触られても平気な子なので、耳も触り放題v
3266.jpg
ずっと触ってると、寝てしまうくらい気持ちよいらしい(笑)

一方エジソンの萌えつぼはやはり目。
彼のトレードマーク!
3219.jpg


ブルーアイという事で、色々言われてしまった事もありますが、幸いエジソンにも、同じブルーアイが出た妹にも障害は全く出ずにいます。
ブルーアイに関しては賛否両論ありますが、エジソンの存在を全否定されるのはちょっと寂しかったですね。


一応ニュートンに子供を産ませると決めた時、藤井なりに色々勉強したり、何人かのブリーダーさんに血統書を見ていただいて遺伝させてははいけない何かをもった血統でないかとか散々調べたのですが……。
それでも何か足りなかったのでしょう。
二匹の子犬が片目ブルーアイをいう結果になりました。
病院でも色々見ていただいて、聴覚や視覚に障害はないとわかった時は本当に嬉しかったぁ。
それからもブルーアイに関しては色んなブリーダーさんにお話を聞きましたが、皆さん意見の分かれるところらしく;;
難しい問題ですね。
とりあえず、色んな意見を頂きましたが、エジソンの場合は色素欠乏というには、ちょっと違う気がするということ。
バニの先祖を辿ればブルーアイが普通に認められていた(というか、普通にいた)時代もあるそうで、先祖がえりみたいなもんとおっしゃって下さる方もいました。


結局、藤井が知る限りのニュートンの孫や曾孫、さらに……にはブルーアイは一匹も存在しないようなので、それはそれでよかったなぁと思います。
それが実際良い物なのか悪い物なのかさておき、やはり自分の愛するバニが「悪いもの」と言われるのは辛い物ですから。

あ、でも。
ショップとかでブルーアイのバニを「レア」と銘打って高く売っているのを見るとちょっとなぁと思いますね;;
「ブルーアイ」専門に繁殖しているブリーダーさんもいると聞きますが、それもどうかと;
ブルーアイで実際障害の出てる子もいるわけですから。
ブルーアイの子に罪はありませんし、勿論障害が出てしまった子の存在を否定するわけではありません。
藤井もエジソンと出会えたことは本当に幸せだと思っていますし。

ただ、すこしでも無理な繁殖であったり、してはいけない繁殖なのだとしたら、今後は防いでいかなくてはいけないのかなと思っています。
CIMG3098.jpg



BeastProtectionArea BPA通販部 
BeastProtectionArea BPA通販部
【くるくるのしっぽ1巻】販売中。
オリジナルステッカー『NEWTONモデル』発売中


banner2.gif「世の犬達が皆幸せでありますように……」ぽちっとお願いしますv
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
スポンサーサイト

7件のコメント

[C239]

ショップなどで、たまに見ますね~。
ブルーアイだったり、異常にサイズが小さすぎたり、わざと狙って作られたであろうカラーであったり・・。
あまり犬に対しての知識がなかったら、目の前のワンコの可愛さと”希少犬!”という文句に、価値を感じて、それを良いこと、凄いことと感じてしまう人が多いんでしょうね・・。
長年の経験や勉強のもとでも、障害がでたり、異常がででしまったりするのに・・儲け主義だけの繁殖は本当にやめてほしいですよね<`ヘ´>

ベティも昔はよく言われました・・。
ハスキーとの雑種ですか?とか、かっこいい目ですね、どこで買ったんですか?とか・・。まぁあまり気にしたことはありませんが・・。

バイアイだと、両方の表情が違って見えておもしろいですよね。
あの寝起きの時の、耳のふちの毛がボサボサに立ち上がっている姿・・そして青目だから、「ビックリした~」みたいな表情に見えるんですよね。その瞬間たまらなく可愛いというか面白いというか・・。

あ、実はミックは障害というか・・片耳がなくて、後ろの両足の指が全部ありません。
人間がにぎりこぶしで歩いてるようなものです。毛もふさふさしてますし、本人は全くそれが普通なので・・普段の生活に全く支障はないですが・・。
というより、運動神経がかなりいいです(^-^)
ボーダーなみにフライングキャッチやダッシュが得意です!
通り行く人に、耳が無いの?と、えっ?!って顔で見られる事もしばしばですが・・この子も立派な犬ですと、なによりも大きな一つの命には変わりない!って思っています。
たまたま出会って我が家に来たけれど、連れてきてなかったら・・この子は先が無かったかもしれないと思うと、本当に人間ってどこまで勝手なんだろうと・・何とも言えない気持ちになりますね。
不幸なワンコが少しでも減ってくれたらいいですね。

長くなって、すみませーん。

[C241]

以前近所のホームセンターでバニの子犬が4匹売られていたのですが、そのうち二匹がブルーアイでした。
しかも、他の二匹よりかなり高い金額。
うわ~と思ってみていると、店員さんがやってきて「珍しいでしょう?青い目のバーニーズは珍しいんですよ。どうですか?」とすすめられてしまいました;
ちょっと意地悪ではあったけど「そうなんですか?うちにもバーニーズいますけど、ブリーダーさんから聞いた話ではブルーアイは障害が出ることが多いといいますけど、違うんですか?」と聞いたら「大丈夫ですよ~。そんな事全然ないですよ!」とにこやかに返されました;;

本当に知らないのか、とぼけているのか;;どっちにしても何だかなぁ……と。

バイアイは確かに両方の側面からみるとまるで二匹のバニを飼っているような感じになりますね(笑)
ブルーアイのほうは本当にいつも「びっくり目」
でも、結構怖がられます;;

ミック君にとって、いい家族に恵まれた事は本当に幸運でしたね!
障害があるからといって、摘んでいい命はないはず。
皆平等に幸せになる権利を持っているはずなのに、現実は悲しいかな……。
ミック君、本当によかったねぇ(しみじみ)



  • 2008-09-12
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C246]

去年伺ったバーニーズの犬舎さんから聞いた話なんですが、そこでも一度バイアイが出たことがあって、びっくりしていろいろ調べたそうなんですが、その際、アメリカの方から、「バイアイは「幸せの印」ってとらえられて、とても愛されてる存在でショックを受けることではない」と言われたそうです。
藤井さんのblogを読んでいて、この事を思い出しました。
ここの犬舎さんの、バイアイのコはその後、縁のあった家族の元にいったのだそうです。

ペットのブリードを「商売」ととらえると、どうしても儲かる方向に向かってしまう(ペット関係ばかりじゃないですよね。最近の事故米のことなども、みんな「利益追求」「金至上主義」にのみ眼を向けた結果に感じます。その前に「自分が扱ってるのはどういうものなのか?」を考えるべき…と思うんですけど…)のは判るんですが、どうしても違和感を感じてしまいますね。。
意図的ではなく、神の采配があるからこそ、バイアイが「幸せの印」になるんだろうな、なんて思います。

エジソンくんと妹ちゃんも、「幸せの印」なんですよ!きっと♪
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : たかやん
  • URL
  • 編集

[C247]

タイでもバイアイのこは、犬でも猫でも幸運の印として高値で取引されるそうです。

ヨーロッパでは金銀妖眼(オッドアイ)の猫などを嫌う傾向が有るのは事実ですが、そもそも猫自体を悪魔の使いとして迫害する文化があり、結果的に猫の減少で度重なるペストの流行を招いた暗黒史が有るのですから。

遺伝的な問題は飼い主それぞれが考えることですが、目くじらを立てて他人の家の子を攻撃する人間は不愉快ですね。
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : 土岐正造
  • URL
  • 編集

[C248]

●たかやんさん●
バイアイは「幸せの印」、バイアイのバニ飼いにとってはとても嬉しい言葉ですvv

バイアイがどういう理由でどういう因子をもって生まれてくるのか素人の藤井にはわかりませんが、産まれて来た子を「生まれてはいけない物。存在してはいけない物」と言われると流石に凹みますから;;

上記でも書いたとおり、バイアイの子に障害が出やすいのは確からしいので、それを意図的に交配し増やし、レアだといって高く売る。
そういった商売に走るのはいけない事だとは思っています。
ただ、今現在生まれていて、そこに存在している子達に罪はなく、又その子達をわが子のように可愛がっているオーナーさん達にそういう言い方をするのはいかがなものかと思います。

バーニーズの将来を考えて、勉強と努力を重ねてブリーディングされている方からみたら「生まれてはいけない物」と思われる事もあるかもしれないけれど、その後ブルーアイの子は繁殖しない。ただ、ペットとして家族として生活し犬生を終わるまで幸せに生きる権利はその子達にもあるんだと思ってもらえたらいいなぁと思います。

たかやんさん本当に「幸せの印」のお話ありがとうございますv

●土岐さん●
正直どんな姿に生まれようとも、どんな特徴をもっていようとも、この世に生を受けたからには皆幸せになる権利があると藤井は思っています。
バイアイがどうのオッドアイがどうのなんて人間が勝手に決めた思い込んでいる迷信だったり、都合だったりするわけですから。

ただ、今犬を生業とする方達には、生まれてくる子達に責任は持って欲しい。
股関節形成不全などが代表的ではありますが、遺伝的な勉強をすれば防げる病気などは、できれば防いで欲しい。
生まれてくる子犬達が、その後出会うオーナーさんたちと、幸せに暮らしていけるよう努力して欲しいとは思います。

過去、エジソンを「悪い物」と捕らえた方々達の発行する「バーニーズとは」といった趣旨のの冊子を見た方のお話では
「個人所有のペットとして可愛がられているバニ達の写真を掲載し「こういうバニは悪い例です」と、その方達が「良いもの」とするバニの写真と並べて比較をしていた」
とのこと。

ブリーダーさんが自宅で繁殖された子のなかで「ショータイプ」「ペットタイプ」にわけて、なぜこの子がショータイプではないか。スタンダードにはちょっとここが物足りない……的な事を書かれたり言ったりするのは、もうかまわないと思ってます(いや、正直言うとそれもなんだか……とは思いますが、あくまでスタンダードを追及されているわけですからそれは致し方ないことなのかなと)
しかし、個人の方が最愛の家族として迎えている子、生活している子を引き合いに出して「ここが悪い、ここは違う」と否定するのは……。
可愛いわが子をそうされたオーナーさん家族の気持ちは考えないのかなと。

まぁ、あれですね;;
これも個々の考え方。
藤井の考え方がウェットすぎるのかもしれませんが;
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

[C540] はじめまして

はじめまして。
某ペット宿で働いているのですが、
先日、ブルーアイのバーニーズが来ましたよ。
健康上の問題も無く、元気な子でした。
飼い主さんも、ブルーアイであることを誇りに思っているようでした。

私は個人的に爬虫類を飼っていますが、
爬虫類の世界では、他と違った遺伝形質を持っている子は大変貴重で、
むしろ喜ばしい事です。

種の保存といった観点からは問題があるのかもしれませんが、
愛するペットの子供が産まれる事の喜びは、
何物にも変えられないと思います。

周囲の意見に左右されること無く、胸を張って自慢してみてはいかがですか~?
  • 2008-11-19
  • 投稿者 : ナギサ♂
  • URL
  • 編集

[C541] ナギサさん

コメントありがとうございますv

ブルーアイのバニちゃんは少ないですが、最近は以前よりもみかける率が高くなりました。
乱繁殖によるものでなく、先祖がえりてきなものだったら本当に問題ないと思うのですが、万が一乱繁殖で何かしら遺伝的な問題を抱えているとしたら素直には喜べない思いです。
ナギサさんがお会いになったバニちゃんは何も問題がないということで、本当に嬉しいかぎり!

我が家のエジソンはブルーアイも個性と思いますし、大事な大事な自慢の家族ですv
  • 2008-11-19
  • 投稿者 : 藤井克己
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/78-8d95cad0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。