Entries

 スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C4377] コメントいただいた皆様

コメントいただいた皆様有難うございました。

先日告知しましたとおり、コメントの削除を行いました。
  • 2013-04-23
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/868-49d6a24f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 虹の橋の袂へいってしまった子達【絵本ゆらりゆらり:テキスト無料公開】  

オリジナルのバニグッズを製作販売しておりますv


▼▼▼スマートフォン用ライブ壁紙オーダー受付開始!▼▼▼
下記のサイト様にて、スマートフォン用のライブ壁紙のオーダーが開始されました。
私がイラストを担当させていただいておりますv
詳細は下記のサイトをご覧ください。
「スマートフォン用 ペットのオーダー壁紙」

▼▼▼壱口とおる作:バニ(無料)プードルAndroid用壁紙、アイコン配信中▼▼▼
リトルソフトウェア←こちらよりダウンロードサイトへ誘導していただけますv

▼▼▼BPAバニグッズ取り扱い店▼▼▼
BPAでは完売した商品の取り扱いもございますv
「ペットにエコ」←クリック





最近立て続けに知人や、一方的に私が拝見していたブロガーさんのお宅のワンコ達が虹の橋の袂へと旅立ってしまいました。
いつか来る別れだとはわかってはいても、悲しみや寂しさと言う物はどうにもならないものです。

そんなこんなでちょっと思う事があって、絵本「ゆらりゆらり」のテキスト分だけ(文章)こちらで公開させていただきます。(イラストはすでに本をご購入されている方もいらっしゃいますので、公開は控えさせていただきます)

長くなりますが、ご了承ください。

(転載/リンクはフリーですが、著作の問題もありますので【絵本「ゆらりゆらり」(c)壱口とおる】のクレジット(表記)は必ず記載ください)


表紙縮小


ゆらり……ゆらり………
ここはどこなのでしょう?

とくん……とくん……
あの音は一体なんの音でしょう?

ここは、とても心地いい。
ここは、とても幸せ。
私はここが大好き。

けれど、時折私を呼ぶ声がするのです。

「早く出ておいで。
 早く君に会いたいよ……。」

……と。




あなたは問います。

「なぜ君は産まれてきたんだろう?」

なぜでしょう?
私にも、それはまだよくわかりません。

うす暗く温かい母さんのお腹の中は
それはそれは幸せで、
私はずっとここにいたいと思っていました。

けれど、ある日私はそこから強い力で押し出され
息もできない苦しみと共に
外の世界へと放り出されてしまったのです。
外はとても寒く、とても不安で、とても怖い場所でした。



でも、それはほんの一瞬の事で
すぐに私の体を温かなものが包みました。

優しい声。
温かい体温。
優しい匂い。

それが、母さんとあなたと私の、初めての出会いでした。

その時私は、母さんとあなたの愛に包まれて
寒さも、不安も、恐怖も全て忘れ
とても幸せな気持ちになる事が出来ました。

その瞬間から、あなたは私の幸せそのものになったのです。




あなたは問います。

「なぜ君はこんなに温かく柔らかいんだろう?」

それは、あなたが温かく、柔らかく私を抱いてくれるからです。

あなたが私を愛おしいと思ってくれると
それが温かく私の中に流れ込み、私を温かくしてれます。

あなたが私に優しく触れてくれると
それは私の気持ちをどんどん、どんどんとろけさせて
私の心も体も綿菓子のように柔らかくしてくれるのです。



あなたは問います。

「なぜ君はいつも笑顔なの?」

それは、あなたが私を見て笑顔をみせてくれるからです。

私を見るあなたの目は、とても幸せそうで
私はそれを見るたびに、とてもとても幸せな気持ちになります。

すると、いつの間にか私は笑顔になってしまうのです。
あなたが私を見て、なぜ幸せなのか。
そんなあなたを見て、私がなぜこんなに幸せな気持ちになるのかわからないけれど
理由なんかどうでもいいのです。

あなたが幸せなら、私は幸せなのです。


あなたは問います。

「なぜ君は、私が悲しそうな顔をすると、一緒に悲しそうな顔をするの?」

それは、あなたの心が私の心といつも一緒だからです。

あなたの目から涙がこぼれたら、私の心は涙で溢れかえるのです。
溢れて、溢れて流れ出す、私の心の涙が
あなたの悲しみをすべて流しさってくれるのならば
私は海を満たすほどの涙を流したい、そう思っているのです。



あなたは問います。

「なぜ、あなたはいつも一生懸命なの?」

それは、あなたといる時間が
とても、とても大事だからです。

時間というものがどういうものであるか、私にはよくわからないのだけれど
それでも、あなたといる時間はとても大切で
一瞬一瞬の全てが宝物なのです。

だから私はいつでも一生懸命、精一杯生きているのです。
あなたと共にいる大切な時間を、
宝物を大事に大事にしたいのです。



あなたは問います。

「なぜ、あなたはいつもまっすぐに私を見つめるの?」

それは、私の目が、心が
いつもあなたを求めてやまないからです。

目だけではありません。
心だけではありません。

私の全てがあなたを求めているのです。
あなたと共にいられる事、
あなたをいつも見つめていられる事が、私のこの上もない幸せなのです。

私の心のページには、あなたの事だけを刻みたいのです。



あなたと出会い、あなたと共にあること。
あなたを見つめ、あなたの体温を感じ、あなたの匂いをかぎながら
あなたの柔らかな腕に抱かれて撫でて貰える事。

あなたに見つめられ、あなたを笑顔にし、あなたの悲しみを癒せる。
この世の全ての不幸からあなたを守る事が出来たら、
私はこの世の誰よりも何よりも幸せでしょう。

そう願い、そう思い、それだけを心に、私は私の時間を生きています。

生きてきました。



なのに今の私は、あなたを悲しませ、心をさいなみ、涙を流させています。

どうしてこうなってしまったのでしょう。

あなたは私にこう問います。



あなたは問います。

「なぜ、あなたが苦しまなければならないの?」

それは私にもわかりません。

病はいつの間にか私の体の中にうまれ、
私の体どころか、あなたの心までさいなみ始めています。

でも安心してください。
私はあなたを悲しませるこんな病などに負けはしません。

私を信じてください。
私があなたを信じているように。



あなたは問います。

「なぜ、あなたの一生は私達の数分の一しかないの?」

それは私にもわかりません。

しかしそれは悲しい事なのでしょうか?
私にはそれもわからないのです。

今、あなたと共にある事。
それが私には全てなのです。
先の長さなどどうでもいいのです。


あなたは問います。

「なぜ神様は、あなたを私から奪ってしまうの?」

それは私にもわかりません。

私は神様を知りませんが
神様より何倍も、何百倍もあなたを愛しています。
神様が私を求めても、私はあなた以外必要ないのです。

あなたさえいてくれれば私は幸せなのです。
神様が私を愛しても、私が愛しているのはあなただけなのです。



あなたは問います。

「あなたの苦しみを、なぜ私は変わってあげられないの?」

とんでもない事です。

私の愛するあなたが苦しむくらいならば、
私はどんなに苦しくても笑顔でいましょう。

あなたが苦しむ私を見て苦しまないよう、いつもいつも笑顔でいましょう。

私の苦しみを癒したいと思ってくれるならば
あなたは笑顔でいてください。
あなたの笑顔が私の苦しみを追いやってくれるのです。



あなたは問います。

今まで見たこともないような沢山の涙を流しながら。
今まで聞いたこともないような声で私を呼びながら。

「なぜ私を置いていってしまうの?」


なぜ……、なぜなのでしょう。

私はあなたと共にいたいのです。

でも今、私の体は
あなたと出合ったあの時のように、
息もできない程の苦しみと共に
どこへ行くとも知れない流れに押し流されてしまいそうなのです。


けれども……
けれども…………

どうか泣かないでください。
どうか悲しまないでください。

大丈夫、大丈夫です。

あの時も、私は苦しみの果てにあなたと出会い、
この上もない幸せと温かさを知りました。

きっとこの苦しみの果てには、あなたが待っているはずなのです。
この上もない幸せと温かさと、あなたが私を待っているはずなのです。

私はあなたに再び会うために、
今この動かない不便な体を脱ぎ捨てて、
昔あなたと駆ける事の出来たあの頃に戻るために、苦しみを乗り越えようとしています。


だからお願いです。
まっていてください。
私があなたの元へ戻るその時まで。

そして又、あの幸せな笑顔で抱きしめてください。


そうそう。
あなたは以前私に
「なぜ、あなたは産まれてきたんだろう?」
と、問いましたね。

今やっとわかりました。
今やっと答えることが出来ます。



私はあなたに出会うために産まれてきたのです。


そして、あなたに再び出会うため何度でも産まれてくるのです。

あなたの笑顔、それが私が産まれる理由なのです。

それだけなのです。


ゆらり……
ゆらり…………

有難う、さようなら、又会う日まで………。

(転載/リンクはフリーですが、著作の問題もありますので【絵本「ゆらりゆらり」(c)壱口とおる】のクレジット(表記)は必ず記載ください)



壱口とおる(旧:藤井克己)&秀狼のイラスト・漫画サイトが出来ましたv各種お仕事ご依頼も随時募集中ですv

↑クリックしてねv

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
人気ブログランキングへ
宜しければ、ランキングバナーやブログ村バナーをぽちっとお願いいたしますv

スポンサーサイト

1件のコメント

[C4377] コメントいただいた皆様

コメントいただいた皆様有難うございました。

先日告知しましたとおり、コメントの削除を行いました。
  • 2013-04-23
  • 投稿者 : 壱口とおる(旧:藤井克己)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bparea.blog25.fc2.com/tb.php/868-49d6a24f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

壱口とおる(旧:藤井克己)

Author:壱口とおる(旧:藤井克己)
▲漫画家:壱口とおる(旧:藤井克己)の公式ブログです。

 お仕事のご依頼は下記のアドレスまでご連絡ください。

▲漫画
▲イラスト
▲カット
▲キャラ製作
▲同人誌イラスト・漫画
▲その他
(色んなご依頼に対応していきたいと思っておりますので、一度お問い合わせいただければと思います)

……などなど。

 折り返しご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

fuzii0129[あっと]gmail.com ([あっと]は半角の@です)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。